2007年07月21日

フラットな組織〜其の四〜5

こんばんは、カリマスコンサルタントのアキバです。

『フラットな組織ぁ
今日も相田みつをさんから、雰囲気だけ借ります。


あのね、『社長と同等』の参謀って言っても、『社長とスキルやノウハウが同等』っていう事じゃないんだよね。

いちばん大切なのは、お客様に対して提供したい価値と、その価値を提供する活動に対して注ぎ込める『心・気持ち・情熱』が同等っていう事なんだよね。

だから、そこには上下関係の序列はなくって、フラットなんだよね。



↓今日もクリック、ありがとうございます!↓
人気blogランキングへGO!

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
ryozy_akkiy at 00:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年07月19日

フラットな組織〜其の三〜5

こんばんは、カリマスコンサルタントのアキバです。

『フラットな組織』
今日も相田みつをさんから、雰囲気だけ借ります。



あのね、世の中、一生懸命技術を磨いて社長になったひととか、一生懸命営業してきて社長になったひとがほとんどなんだよね。

だから、社長と同等の『それ以外の業務』の参謀が必要なんだよね。

社長が何でも抱えてたら、社長は自分の能力を十分に発揮できないし、社員も社長未満の仕事しか出来なくなるんだよね。

すべての業務レベルを向上させたければ、専門性の高いセクションやチームに任せて連携させるといいんだよね。


↓今日もクリック、ありがとうございます!↓
人気blogランキングへGO!

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
ryozy_akkiy at 22:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)組織論 | 経営理論

2007年07月18日

フラットな組織〜其の二〜5

こんばんは、カリマスコンサルタントのアキバです。

『フラットな組織◆
今日も相田みつをさんから、雰囲気だけ借ります。


あのね、人事のプロフェッショナルになろうと一生懸命勉強して社長になったひとなんて、ほとんどいないんだよね。

だから、社長と同等の人事の参謀が必要なんだよね。

だから、世の中には『経営者養成講座』とか『幹部社員養成講座』とか、社長の代わりに社員を育ててくれるセミナーがあるんだよね。

だけど、本当は自社内でそれぞれの社員が自己成長して、能動的かつ臨機応変に組織を形成してくれた方がいいよね。

だから、『経営理念における社会貢献』を組織をまとめる軸にするといいんだよね。



↓今日もクリック、ありがとうございます!↓
人気blogランキングへGO!

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
ryozy_akkiy at 23:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)組織論 | 経営理論

2007年07月17日

フラットな組織〜其の一〜5

こんばんは、カリマスコンサルタントのアキバです。

『フラットな組織〜其の一〜』
今日は相田みつをさんから、雰囲気だけ借ります。


あのね、決算書の読み方とか経理とかを一生懸命勉強して社長になったひとなんて、ほとんどいないんだよね。

だから、社長と同等の財務・会計・税務の参謀が必要なんだよね。

だから、中小企業には、会計事務所とか外部でも専門家が付いていてくれると助かるんだよね。

↓今日もクリック、ありがとうございます!↓
人気blogランキングへGO!

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
ryozy_akkiy at 20:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)組織論 | 経営理論

2007年07月14日

本日のお笑い -1-1

〜個人の限界を組織の限界にしない〜





っと言っている、トップダウン型の組織






(それじゃぁ、トップの限界が組織の限界だってばさΣ(´д`;))


↓今日もクリック、ありがとうございます!↓
人気blogランキングへGO!


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
ryozy_akkiy at 21:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)笑えるかな? 

赤ちゃん理論リターンズ&動物からもカリマス!!5

こんばんは、カリマスコンサルタントのアキバです。

今日は赤ちゃんと動物からカリマス(借ります)!

やっぱり日本のビジネスマンは、コワい顔して戦ってます。
通勤電車や、路上でも睨みを効かせている人がたくさんいます。

【赤ちゃん理論の巻き】でお伝えしました通り、赤ちゃんは言葉ではなく、その満面の笑みだけで、周囲を明るくしてくれます。
その満面の笑みだけで、周囲をあったかい気持ちにしてしまいます。
言葉が話せなくても、笑顔だけでたくさんの人とコミュニケーションを取ってしまうんですね。

コワい顔して睨みを効かせてたら、目の前のお客様も睨み返してきちゃいますよ。



さて、赤ちゃんが泣いていると、相手には二つの感情が芽生えます。


『かわいそう』



『不安』

です。


普通、赤ちゃんの親や他人であれば『かわいそう』に、どうしたのかなぁ?っと、思うでしょう。

オムツかなぁ?お熱かなぁ?疳の虫かなぁ?‥‥

言葉を話すことが出来ない相手に対して、一生懸命、原因を追求して解決してあげようとしますね。


でも、赤ちゃん同士だと違います。
赤ちゃんは、他の赤ちゃんが泣いていると自分も『不安』になり、一緒に泣き始めます。
『不安』が伝播するのです。


それでは、赤ちゃんではないですが、精神的に優しくても強くない大人の場合はどうでしょう。

やっぱり『不安』が先に立ちます。

優しくても強くない精神状態の人であれば、頻繁に泣く赤ちゃんに対して何度も『かわいそう』と思っているうちに、どうすれば泣き止んでくれるのかわからなくなり、精神的に不安定になります。

そうです、『わからない』状態は『不安』につながるのです。


どうしたら泣き止んでくれるのか『わからない』という状態が続くと『不安』も増大します。


【動物からもカリマスの巻き】

動物は知らない人やモノが近づいて来ると『不安』になります。
弱い動物ほど足早に逃げるでしょう。

そうです、『不安』から『逃げたい』のです。


自ら能動的に、精神的に不安定な状態から手っ取り早く安定させようと考えると、『逃げる』のは当たり前です。

相手の行動に関係なく、自分が動けば『不安』から遠ざかるのですから、まず『逃げる』のです。


それでは、逃げてはみたものの、追いかけられたらどうでしょう。

『不安』な状態が続き、『恐怖』を感じます。

『不安』『恐怖』なのにさらに追い詰められて、逃げ場がなくなったらどうでしょう。


『不安』『恐怖』からは『逃げたい』のですが、『逃げ場』がありません。
それでも『不安』『恐怖』を無くしたいのですから、『不安』『恐怖』を与えるものを『攻撃』するようになります。
自ら遠ざかる事が出来なければ、戦ってでも相手を遠ざけようとするのです。

追い詰められれば、追い詰められるほど、『不安』『恐怖』は増大し、『攻撃』性も高まります。


さぁ、それでは、人間に戻してみましょう。

ダーウィンの進化論が正しければ、人間も動物です。
よほどの修行を積んでいなければ、本能的には動物と同じ部分が多いでしょう。


『わからない』
 ↓
『不安』
 ↓
『恐怖』
 ↓
『攻撃』


《赤ちゃんが泣き止まないから、叩いたらグッタリして‥‥‥》

最近、そんな悲しい事件が多くなってきました。

《そんなの親でもなければ、人間でもない!!》

っと、怒り心頭で許せないという人も多いでしょう。



でも、ちょっと待ってください。

確かにそういった事件を耳にすると、怒りが込み上げてきます。

ただし、その事件を起こした人間ひとりを処罰しても、根本的な解決には至らないのです。

なぜなら、『そんな事件が増えてきている』という事は『そんな人が増えてきている』という事だからです。


根本的に解決するためには、

『そんな人』がなぜ増えてきたのか?

なぜそんな行動を取ってしまったのか?


その原因を突き止める必要があります。



『なぜそんな行動を取ってしまったのか?』

そんな事をする大人は、本来大人として持っていなければいけない『精神の強さ』『心のゆとり』を持っていないのかも知れません。

弱いが故に、『不安』から『攻撃』に至るまでが早いのでしょう。



『そんな人がなぜ増えてきたのか?』

『最近の子供はキレやすい』とよく言われますが、あなたの上司はキレやすくないですか?
『理不尽に怒って権力で部下の管理をしようとする上司が会社にいて‥‥‥』なんて、アキバが社会人になる前からよく耳にしてましたよ。

『いじめ問題』にしても、『窓際族』なんて言い方、いじめでしょ?



子供達は、お手本となる大人を見て育っているんですよ。



それを『最近の若いもんは‥‥‥』なんて、軽々しく言っていたら、問題は解決しません。


『問題を自分自身のものとして考える』事が問題を根本的に解決する早道です。

相手の問題は、相手にしか解決する事が出来ません。




それでは、組織の単位を『社会』から『会社』に置き換えてみましょう。



『わからない』
 ↓
『不安』
 ↓
『恐怖』
 ↓
『攻撃』



『何を考えているのかわからない』と思われている上司は、酒の肴に愚痴られている事でしょう。
『何を考えているのかわからない』と思われている部下は、低く評価されるか、いつも怒られているでしょう。
『何を考えているのかわからない』同僚は、他の同僚から直接いじめられたり、陰口を叩かれたりしているでしょう。


そけまではいかなくても、『わからない』事だらけの会社であれば、絶対『不安』になる筈です。



もうひとつ。

人間の精神は、そもそもあまり強くありません。ですから、闘う事が仕事の格闘家は、精神的に強くなる修行や修行に匹敵するようなトレーニングをします。

そもそも精神的に強くない一般の人がどうやって育ってきているでしょう?

いまの若者達は、子供の頃から『良い学校を卒業して、良い会社に入りなさい!!』っと、強い精神力が身に付く前から競争させられて育ってきました。

学校というサイズの組織の中で、同僚=同級生に勝てないとダメ出しされるんです。
そして、ダメ出しされないように、一生懸命勉強しろと、権力で強制されます。


権力で強制されたって、『わからない』ものは『わからない』んです。


さらに、部屋に入っていれば勉強してるように見えますから、他人とのコミュニケーションが激減します。


 「勉強したの?」
子供 「したよ」

『報告のための報告』が、なぜか子供の頃から身に付いてしまいます。


部屋でやっているのはゲームなのに。。。。


そして、『わからない』勉強と『わからなく』なった対人コミュニケーションが


『わからない』
 ↓
『不安』
 ↓
『恐怖』
 ↓
『攻撃』



のサイクルに乗せてしまうのです。


『恐怖』から逃げる事を最優先に選んでしまうと、ゲームと同じように『リセットボタン』を押してしまいます。残念ですが、自殺が増えているのはそのためでしょう。

『恐怖』に絶えられなくなり、『攻撃』に移る際にも、精神的に弱い事には変わりありません。
ですから、必要以上に攻撃的なのです。残念ですが、非常に残虐な事件が起きてしまっています。



こんな環境で育ててしまっている若者を、下に見て『自分は上司だ!自分に従え!』という人。

それで解決しますか?



『わからない』と対人コミュニケーションを掛け合わせてみて下さい。



なぜならそれは、前回の【人材が人財に変わる?の巻き】でお伝えしました通り、

『人と言う字は支えあっているから人なんだ。』っと、金八先生がいう通り、1対1で『わかっている』だけではなく、お互いに『わかり合っている』事を意味しているからです。

『わからない』に対して『わかれ!』『勉強しろ!』ではなく、『判り合う』のです。

それを実行するには、『強力な精神力』と、『上下関係の序列を超越した謙虚さ』が必要です。







あなたが話しを聞いてもらえないのは、あなたが『その聞いて欲しい相手』の話しを聞かないから



↓今日もクリック、ありがとうございます!↓
人気blogランキングへGO!



このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2007年07月11日

人材が人財に変わる?5

こんばんは、カリマスコンサルタントのアキバです。

今日は、私が社会人になって一番はじめにお世話になりました、金万証券の米田専務から借ります(カリマス)!

あっ、いきなりですが、金万証券は買収されたので、もうありません。
米田専務も、もうご勇退されています。


さて、アキバは金万証券に大学3年生の時からお世話になっていました。
その頃は会社案内を学生向けにリニューアルするお手伝いをさせて頂いておりました。

そんな関係で、正式な入社後は総務部に配属されました。


バブル崩壊後でしたが、リクルーターとしての仕事を頂きながら、人事も勉強させて頂きました。

ある日、米田専務に食事に誘って頂きました。
(っと言うよりも、かなり頻繁に連れて行って頂いてました。改めて、ご馳走様でした)

【その時のひと言】

「にゃきばくん、これからは人に財産と書いて『人財』にゃあ」


あっ、すみません、ちょっとそんな感じで話されてましたので、つい久しぶりにマネをしてしまいました。
m(_ _)m


『人は材料や部品、歯車ではなく、会社にとって財産なんだよ。』っと教えて頂いたように記憶しています。


あえて『記憶している』というのは、実は残念ながら、その当時は自分の中で咀嚼して理解しきれていなかったからです。


特に『会社にとって』という言葉が、しっくりきませんでした。


会社はそれだけ大切に思ってくれてるのかぁ‥‥
口がぽっかり開いています。

会社から見て‥‥‥‥


自分の外から見て『財産』


【それでは、自分自身を内側から見たときに、それだけの価値があるのか?】


ここに辿り着くまでに、アキバの場合は相当時間が掛かりました。


外から見た『価値』



内から見た『価値』

【経営理念における社会貢献の方程式の巻き】でお伝えしました通り、『価値』は需要供給曲線で表す事が出来ます。


「君が側にいてくれるだけで、私には財産なんだよ。」とか、「親友はお金では買えない一生の宝物」なんて、よく聞く言葉ですよね。


それだけ『自分の価値』を高く評価してもらっているにもかかわらず、自分は価値を高める努力をしなくても良いのか?

いつの日か、そう思うようになりました。


需要側の評価する『価値』が高いのに、供給側の持っている『価値』が低いとバランスが取れません。

それでも『期待』して頂いているのですから、人は自らの価値を高める努力をした方が良いのです。




《価値を高めよう!》


『存在価値+付加価値』が価値の基準です。


【自己革新〜悪魔の章〜】でもお伝えしました通り、市場における判断基準は、存在価値+付加価値です。


『存在価値』を高めるのに有効な言葉として、『有言実行』があります。


「自分は何が出来ますよ〜」っと宣言する事により、相手に自分の存在を確認してもらう事が出来ます。

より多くの相手に対して宣言していれば、より多くの相手に自分の存在を確認してもらう事が出来ます。

より多くの相手に必要性を感じてもらえれば、需要が多い状態と言えます。

需要が多いという事は、存在価値が高いという事です。


ただし、ここで注意しなければならないのは、『必要かどうか?』は相手が勝手に決めるという事です。

【自己革新〜悪魔の章〜】でお伝えしました通り、相手が必要性を感じていないのに売り込むのは、『押し売り』です。

ですから、マーケティングの感覚とか、『察する』感覚を持っていた方が良いのです。


『有言実行』
宣言した事を、宣言した通りに実行する事が大切です。

宣言だけして実行出来ていない『有言未実行』が続くと、「言ったはいいけど、いつやってくれんの」っとフラストレーションが溜まります。

そして、宣言だけして実行しない『有言不実行』となると、そのフラストレーションが爆発して、強烈な『不信感』が生まれます。


価値=『こんな事が出来ます』『こんな事を知っています』『こんなにいい声で話す事が出来ます』千人いれば千差万別です。あんまり難しく考えずにそんな自分が存在している事を宣言してみましょう。


宣言した事を実行し続ける事により、認知度が高まって需要が生まれる場合もあります。

『継続は力なり』です。


実際はこのケースの方が多いでしょう。

何かを始める時に、初めからスキルやノウハウが高い天才的な人なんて、ほとんどいません。

少しずつでも『心・気持ち・情熱』を込めて努力・実行し続ける事により、スキルやノウハウは蓄積されてくるのです。

そして、そのスキルやノウハウが溜まり、精度が高まってくると、一気に多くの人から必要とされるポイントに到達します。

このポイントを『感動分岐点』と言います。

より多くの人が感動する状態にまで成長した事により、需要が爆発的に増加するのです。

っと、『感動分岐点』について株式会社 アントレプレナーセンターの福島先生が教えてくれました。
(すみません、またお借りしました)



『何が出来ますよ〜』という存在価値に対して、スキルやノウハウは『どのように出来ますよ〜』という付加価値です。

初めからスキルやノウハウが高い人はほとんどいませんから、誰かのスキルやノウハウをお借りしたり、半端なスキルやノウハウでもお許し頂きながら提供し続けることによって、自分の中に蓄積されていきます。

ですから、付加価値を高める事は自分だけでは無理に近いのです。
ほとんどの場合は、無理です。

スキルやノウハウをお借りした方や、半端なスキルやノウハウでお許し頂いた方に対して、常に感謝の気持ちが大切であり、その感謝に『心・気持ち』がこもっていればいるほど、人脈も広がります。


付加価値が高まった上に人脈まで広がるんですから、こんなに良い事はありません。


人脈が広がるという事は、それだけ認知度が高まる訳ですから、結果として需要⇒存在価値までも高まります。


価値のインフレ・スパイラルです。
アゲアゲです。




さぁ、価値が高まりました。


『材』『財』の違いはなんですか〜?



そう、『価値』ですね。


『人財化』とは、自己成長、自己革新なのです。

そして、それは自分だけではなく、お客様や先輩やいろいろな人々に支えられて達成する事が出来るのです。

ですから、いろいろな人がお互いに支え合っていけば、みんな成長しあえるのです。


金八先生は言っていました。

『人と言う字は支えあっているから人なんだ。』


アキバはいまでも、かつての恩師に支えて頂いているんだなぁ〜っと実感し、改めて感謝致します。

米田専務、ありがとうございます。



そして今日も、自己革新!

企業再構築の仕掛け バリュー・マネージメント―激動の乱世、変革への挑戦




相互支援型社会を創出しましょう!

メンタリング・マネジメント―共感と信頼の人材育成術



↓今日もクリック、ありがとうございます!↓
人気blogランキングへGO!

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2007年07月09日

壁を越える方法5

こんばんは、カリマス(借ります)コンサルタントのアキバです。

今日は、株式会社アントレプレナーセンターの福島先生からお借りします。


まずは、前回のおさらいです。

口コミは手法やテクニックではなく『心・気持ち・情熱』『提供する価値』にどれだけ込められるかがポイント

『心・気持ち・情熱』を込められる仕事だからこそ、大きな問題や困難にぶち当たっても、努力して乗り越えられる


っと、まとめさせて頂きました。


それじゃあ、手法やテクニックは必要ないのかと言うと、そんな事はありません。

今日は『壁を越える方法』ですから、『方法』をひとつご紹介しましょう。



その前に、株式会社アントレプレナーセンターの福島先生が、こんな事を教えてくれました。


『人はそもそも難しい事にチャレンジするのが好きなんです。なかなかスコアが上がらなくても、練習して練習して上手くなろうとするでしょう、趣味のゴルフ!』

『簡単にクリア出来るものはすぐに飽きちゃうんです。例えば、うちは必ず300点がでるボーリング場ですよ〜。誰でも必ず300点でますから、どうぞ〜!って言われてもそんなボーリング場に行かないでしょう?』



人はそもそも、難しい事にチャレンジして、それをクリアした時の達成感が大好きなのです。



ですが、『お金基準の価値観』で仕事に取り組んでいると、その前に《やらされてる感君》がたちはばかります。

この《やらされてる感君》は結構強敵です。

知らず知らずのうちに『腹の虫』のように居座り、何かあると『難しい』という言葉に変換してしまうのです。


誰かから相談されても『難しい』
何かをお願いしても『難しい』

そのうち、簡単な事でも『難しい』

っと言い始めます。


もうひとつ。

出来るのか?出来ないのか?を確認したい時に、「〇〇出来ますか?」っと聞くと、《やらされてる感君》が出て来て、こう返答します。

『それは難しいですね』


もっと酷くなると、人に何かを依頼するときにも、はじめから『難しいよ』っとしか言わないようになります。

それでは何をどうしたいのかわかりません。


《やらされてる感君》を排除するには、しっかりと『提供したい価値』に情熱を込めていれば、簡単に排除出来ます。


それでは、何かあると『難しい』とばかり言ってしまう人に、その難しいとされる問題をクリアしてもらう方法を考えてみましょう。


ほとんどの場合、この『難しい』という言葉は以下の言葉に分類もしくは分解する事が出来ます。


『やり方がわからない』
『面倒くさい』
『本当はやりたくない』
『時間がかかる』
『人手が足りない』
『そのもの自体を理解出来ない』
『成功するか失敗するかわからない』


っと、ざっとこんなところでしょうか。


もし誰かが『難しい』と言ってきたとき、自分が『難しい』と思ったときには、思い付く限り分解・分類してみてください。


そうする事により、無駄な時間を使わないで済むようにもなります。


分解・分類する事が出来たら、その中で一番強く思っているものを見つけてみましょう。

自分の場合は自問自答で、誰かが『難しい』と言ってきた場合には、分解・分類したものをひとつひとつ聞きながら、確認していきます。


《『やり方がわからない』を一番強く思っているケース》


ほとんどの人は、このケースに該当するでしょう。

人は『わからない』事が不安です。
そこで《やらされてる感君》が登場すると、その不安から逃れようとします。
そんなときこそ、『提供したい価値』に情熱を込めて取り組んでいる事を思い出しましょう。

『わからない』不安を払拭するための、調べたり、聞いたりといった行動に移す活力となります。


《『成功するか失敗するかわからない』を一番強く思っているケース》


このケースの人も、結構多いのではないでしょうか。

成功のイメージ=ゴールが見えないため、頭でいろいろと考え過ぎて行動出来なくなってしまいます。
こうなると、結果をイメージ出来る簡単な仕事を先に片付けたくなるので、『後回し』という思いから『面倒くさい』⇒『本当はやりたくない』と変化しながら、『忘れた』事にして自分を納得させようとします。

『やり方がわからない』も『成功するか失敗するかわからない』も、同じ『わからない』事ですから、

 慊鷆,靴燭げ礎諭戮望霰を込めて取り組んでいる事を再確認する
調べたり、聞いたりして、謙虚に教えてもらう


事が壁を越える近道です。


《『時間がかかる』や『人手が足りない』ケース》


これはもう簡単ですね。

作業に時間が掛かってしまうのであれば、ストレートに『どのくらい時間が掛かりそうかを想定する』ように心掛けましょう。

そして、相手にも『難しい』だけではなく、『これだけの作業量があるので〇〇日で仕上げるのは無理かも知れません』っと明確に言えるようになりましょう。

『人手不足』の場合も同様です。


確かに下請けで仕事をしていれば、無理を承知で仕上げなければならない事が多いでしょう。

でも、そんなエンドユーザーを見ずに、仕事を貰っている元請け業者ばかり見ている状態は『お金基準の価値観』です。

『あなたの提供した価値』を最終的に誰が受け取るのか考えていれば、無理をして品質=価値を下げる訳には行かない筈です。

無理をして品質=価値を下げて元請け業者に媚びを売ると、『偽装』につながります。

『難しい』と言って相手に真意が伝わらない事も、無理をして『偽装』につながる事も結果としては遠回りですね。

仕事を依頼する側も、依頼される側も気をつけましょう。



《はじめから『面倒くさい』『本当はやりたくない』『そのもの自体を理解出来ない』と強く思っているケース》


これも簡単です。

《やらされてる感君》を排除するために、改めて『提供したい価値』に情熱を込めてみましょう。

もし、どうしても情熱が込められないときは、あなたの周りにいる『一番情熱を込めている人』とコミュニケーションを取りましょう。


それでもダメな場合には、休みましょう。

休んでリフレッシュしてもダメであれば、情熱を込められる『別の価値』(別の道)を探しましょう。


人はそもそも、難しい事にチャレンジして、それをクリアした時の達成感が大好きなのです。


価値に情熱を込めて



そして今日も、この一冊

メンタリング・マネジメント―共感と信頼の人材育成術



↓今日もクリック、ありがとうございます!↓
人気blogランキングへGO!

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2007年07月06日

口コミのテクニック?5

こんばんは、カリマスコンサルタントのアキバです。

すっ、すみません。今日も借りません。

今日はついに『口コミのテクニック!!』についてです。


最近、『 感謝 』という言葉を頻繁に目にするようになりました。


今日の出逢いに感謝
お問い合わせ頂いて感謝
お越し頂いて感謝
お買い求め頂いて感謝
日頃のご愛顧にお応えして『大感謝祭』




よ〜く観察してください。


例えば、『感謝』と大きく書かれているDMには、商品やサービスの名前と値段が一緒に書かれていませんか?

しかも、その多くは『限定された期間だけの値段』ではないですか?


『感謝』という言葉が何故かしっくりこない手紙やメールをもらった事はないですか?


『大感謝祭』のセールって、セール用の仕入値の安い商品=普段からある定番ではない商品が目立ったりしませんか?


幸せをとかツキを呼ぶ『魔法の言葉』なんていう本が売れています。

お客様からご注文頂くと『喜んで〜!』っと元気いっぱいに応えてくれる居酒屋さんがあります。

お客様がいらっしゃると、そのフロアにいる全社員が『いらっしゃいませ!!』っと起立して出迎えてくれる会社があります。



でもねぇ。
素晴らしく元気をもらえると言われて行ってみた飲み屋さんで、『あっすんません、あたしモノ覚え悪いんで、注文は3つまでにしてもらえますか?』ってな事もありました。

お客様がいらっしゃる毎に全社員が仕事の手を止めていたら、ファーストフードは出せませんよね。事務員さんが頻繁に仕事の手を止めていたら、お客様が来ない時間に仕事がズレ込んでいるか、暇なのかどちらかでしょう。



形式的にとりあえず『感謝』を表す言葉を、元気いっぱい使って、一時的にでも明るい雰囲気になる事は良いかも知れません。



ですが、その言葉に気持ちや思いがこもっていないものは、いずれわかります。

マニュアルにまとめられた手法やテクニックとしての言葉使いや態度は、ほとんどの場合、それを使う人の内側から湧き出たものではありません。

手法やテクニックとして綺麗な言葉を使っても、心・気持ち・情熱がこもってなければ、いずれわかります。



そして、心・気持ち・情熱がこもっていない事がわかった瞬間、
相手のあなたへの思いは一気に冷めます。





私が『大感謝祭』に行ったのは、広告やDMを使ったマーケティングの手法やテクニックによるものです。

私が『その飲み屋さん』に行ったのは、口コミです。




えっ、「なんだかんだ言って結局、口コミで行ったんじゃん」って?

いえいえ、私から先には広がらないでしょ。


ですから、手法やテクニックで口コミを増やす事なんて、そもそも出来ません。



お客様からの『ありがとう』という価値をどれだけたくさん頂けるか?



その『ありがとう』という価値と交換してもらう為にあなたが用意した『価値=そのもの自体の価値観=商品やサービス、それを提供する人自身の存在価値+付加価値』に込められた『心・気持ち・情熱』が、口コミを生むのです。


お客様はあなたが用意した『価値』を、そのお客様毎の基準で評価します。


その評価の基準は『必要性=存在価値』+『便利さやデザイン等=付加価値』です。
『存在価値+付加価値』が同じであれば、どこから買っても同じです。

ですから、成熟した市場になればなるほど、『付加価値』を高める努力と、『心・気持ち・情熱』が大切なのです。

勿論、その商品やサービス自体の『存在価値』があり続けるか否かについては、しっかり見極めてください。


お客様が想定した以上の『付加価値』と『心・気持ち・情熱』のこもった商品やサービスを手にした時、
そのお客様の中に『感動』が生まれます。



その『感動』こそが、
口コミにつながるのです。



『感動』するのは頭ではなく『心』です。

『心』と『心』が共鳴したときに、より大きな『感動』が生まれます。




そして、『心・気持ち・情熱』を込められる仕事だからこそ、大きな問題や困難にぶち当たっても、努力して乗り越えられるのです。



そして、今日もこの一冊
メンタリング・マネジメント―共感と信頼の人材育成術




『誰もが無理だと思う事を解決する事が出来たら、そこに伝説が生まれる』
そのもう一冊
小さな会社の社長のための問題解決マニュアル



↓今日もクリック、ありがとうございます!↓
人気blogランキングへGO!

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2007年07月05日

価値を交換する道具5

こんばんは、カリマスコンサルタントのアキバです。

今日は借りません。

前回までお伝えしました通り、21世紀に入り、高度情報化社会が訪れました。
高度情報化社会においては、『お金基準の価値観』『権力基準の価値観』から脱皮して『そのもの自体の価値観=商品やサービス、それを提供する人自身の存在価値+付加価値』にシフトする必要性が出てきたようです。

それでは、扱って商品やサービス自体がお金にまつわるお仕事の場合はどうでしょう。


すぐに思い付きそうな業種では、生命保険、損害保険、証券、銀行、消費者金融といったところでしょうか。
なんだか『不祥事』というキーワードでヒットする業種ばかりのようですね。

その他にも、年金問題に揺れる社会保険庁、財務省や国税庁、監査法人や会計事務所なんかもお金にまつわる仕事ですね。


以前にもお伝えしました通り、お金にまつわる仕事の場合は、『お金基準』の価値観になりやすい傾向があります。

商品やサービスの対象がお金で、それによってお金を頂くからです。


ですから、そもそも《経営理念なんて関係ない》といった雰囲気すら感じられます。


『そのもの自体の価値観=商品やサービス、それを提供する人自身の存在価値+付加価値』

提供する人を、提供する会社と読み替えてみましょう。

『そのもの自体の価値観=商品やサービス、それを提供する会社自体の存在価値+付加価値』


『お金を増やしてあげる』だけであれば、一番利回りの良い商品で運用すれば良いですね。
あっ、ごめんなさい。リスクとか期間とか抜きで、とても大ざっぱに言ってます。

アキバが証券マンだった20世紀は、一般の投資家がいろんな情報を自ら入手して複雑なポートフォリオを組んで、投資環境が変化したらすぐに組み直して‥‥‥なんていう事はほとんど無理でした。

保険にしても、第三分野と呼ばれる医療系保険の単品はほとんど知られていませんし、「♪○生のおばちゃん自転車で、笑顔を運んで来るだろう♪」なんて頃ですから、情報は「たまたま来たおばちゃん」からしかありませんでした。

そんな状況下においては、『相手に気に入られる』ための営業努力が一般的だったように思います。

『お客様に気に入られる』ことはとても良い事です。

でも、そのお客様の気持ちは『お気に入りの営業マン』とつながっているだけです。

会社から商品やサービスがお客様に渡され、お客様から頂く事ができる『ありがとう』という価値は『お気に入りの営業マン』に渡され、お客様から『ありがとう』という価値の替わりであるお金だけが会社に渡され、会社から給料というお金が営業マンに渡されます。

会社とお客様との関係よりも、営業マンとお客様との関係の方が強く結び付いていますから、その営業マンが競合他社に転職したり、独立した場合には、お客様も一緒に付いて行ってしまうのです。

その『お客様が自発的に辞めていった営業マンに付いて行ってしまう』ことに対して会社は、営業マンに一筆書かせて阻止しようとする事もありますね。その一筆は誰のためでしょうね。


さて、今は21世紀です。
(最近は『21世紀です』なんて言うと、笑われるか、『梨ですか?』と返されるかですが。。。)
高度情報化社会においては、『どんな商品やサービスがあって』、『自分に最適なのはどれで』、『わからなければどこで調べて』っと、お客様が自ら様々な情報を手軽に入手出来るようになりました。

あっ、そうそう、ピンとこない方は『お客様』をあなた自身に置き換えてみてくださいね。


お客様が自ら様々な情報を手軽に入手出来るので、比較も出来ますし、おかしな点にも気付きはじめます。


「あんなにいい営業マンだったから信じてたけど、そんなこと教えてくれなかったわよ」

『教えてくれなかった』ならまだいいですが、
『説明してくれなかった』となると問題です。


最近は『コンプライアンスの時代』と呼ばれるほど、重要事項のみならず、説明と承諾が重視されるようになりました。

最近になって重視されるようになったのは、裏を返せば『明るみに出ていなかったものが、一斉に出てきた』っという事でしょう。
この点からも、高度情報化社会になったと言えます。


『説明してくれなかった』という言葉が出たら、それまでいい営業マンとして築き上げた信用までも、簡単に失ってしまう可能性があるのです。


そうなると、『会社もダメ、営業マンもダメ、業界自体がダメ』っと、『お金目当てのマスコミ』に煽られます。

あっ、勘違いしないで下さいね。マスコミすべてが『お金目当て』といっている訳ではありませんから。


『そのもの自体の価値観=商品やサービス、それを提供する会社自体の存在価値+付加価値』、すなわち、『経営理念における社会貢献』が根底に脈々と流れている会社だったらどうでしょう。

はい、いつもお読み頂いている方には簡単でしたね。


そもそも会社が存続している目的が、お客様の為ですから、「コンプライアンスを守りなさい」っと言われる前から、コンプライアンスが重要視されているのです。


会社やチームの存在する理由。

ソフトバンクのCMで、お父さんの犬が、「すべての事には理由がある」っと言ってますが、会社やチームが存続し続けられる事にも理由があります。

もし、あなた自身が『相手=お客様』で、『会社やチーム(公的機関含む)』に仕事を依頼したとすると、『ありがとう』と言えますか?


あなたの会社やチームは、お客様にどんな価値を提供していらっしゃいますか?





直接お金にまつわるお仕事以外にも、価値を提供している事を忘れてしまい、自分が手にすることが出来る『 お金 』の為に働くようになってしまう業種もあります。

それは、公共性の高い業種です。

一般の企業であれば、例えお金の為であってもお客様に対して営業努力をしますよね。

しかし、公共性が高くなればなるほど、営業努力などする必要はなくなりますので、『 誰かに対して価値を提供している 』といった感覚も薄れやすいのでしょう。

場合によっては、初めからそんな感覚は持ち得ない人が多いのかも知れません。

役所、警察官、自衛官、教師、マスコミ etc......
なんだかこちらも『不祥事』というキーワードでヒットする業種ばかりのようですね。




仕事をする目的は、『 価値を交換する道具=お金 』基準の価値観ではなく、
『そのもの自体の価値観=商品やサービス、それを提供する会社自体の存在価値+付加価値』で考えた方が良い事がたくさんあります。

是非、あなたが誰かに提供する事ができる価値にはどんなものがあるのかを考えてみてください。

いまはニートで仕事もろくにしていないとしても、あなたの趣味や好きな事に対する専門的な情報を誰かに伝えるだけでも、価値は提供できるのです。
そして、その価値に対して『ありがとう』が多ければ多いほど、ビジネスチャンスは膨らみます。


そして、成功のきっかけを握っているのが、

『パッション』

情熱です。

どれだけ本気で、心・気持ち・情熱を『価値を提供する事』に込められるか?

見返りを期待してもいいんです。



その見返りは、『ありがとう』という価値ですから。



↓今日もクリック、ありがとうございます!↓
人気blogランキングへGO!

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック