2007年06月16日

組織論 〜其の参〜5

こんばんは、カリマスコンサルタントのアキバです。

今日は、、、、、、借りません。

前回は、会社もしくはチームの経営(運営)に、理念が重要だという事をお伝えしました。

会社もしくはチームとは【赤ちゃん理論】の巻きでお伝えしました通り、個の集合体である組織です。
兄弟や家族、地元の自治会、学校、会社、協会、地方自治体、国、アジアなどの地域社会、地球全体と、規模は違っても同じ個の集合体である組織です。

それでは、より大きな規模の組織となった場合、その組織を強力にまとめあげてくれるものは何でしょう?

お金を稼ぐ仕組みや方法だけではまとまりません。


それでは、共通の守るべきルールを決めたとしましょう。

会社に置き換えてみると、就業規則や行動規範です。
マンションでは管理規約です。
学校では校則です。
国では民法や刑法など様々な法律です。

どうです?
誰か必ず守らない人がいるでしょ?

しかも、難しい言葉で書いてあると、人によって解釈がバラバラになります。


もっと芯となる何か
もっと軸となる何か
もっとブレない何か
もっと揺るがない何か

が根底に脈々と流れている必要があるのです。

地球規模で考えた場合、それはあなたが健康に安心して暮らしていける事。
あなたの家族が健康に安心して暮らしていける事。
あなた自身やあなたのお子様、お孫さん、大切なペットが未来永劫、健康に安心して暮らしていく事は誰しもが望む事でしょう。

そんな一見自分本位に見える事でもいいんです。

但し、その望みを叶えるためには、今すぐに環境問題を改善する必要があります。
初めの動機は自分本位でも、結果を出すには自分の外に対する『思いやり』が必要になるのです。
地球上のみんなが自分の外に対する『思いやり』を持ってくれれば、きっと地球環境も改善されます。

あなた自身やあなたのお子様、お孫さん、大切なペットが未来永劫、健康に安心して暮らしていけるように環境問題を改善してくれる人をあなたは必要としませんか?

そうです!それが社会から必要とされる事、よくいろんな会社の経営理念に登場する、『社会貢献』なのです。

経営理念を何度読まされても、実は『社会貢献』って何だかわからない方。
経営理念を自ら考えてみたものの、自分でも『社会貢献』って何だかわからない経営者の方。

『社会貢献』とは、社会から必要とされる事を実行する事です。

社会から必要とされる事ですから、食品を提供する事や、道具を提供する事、人を楽しくする事や、人の不安を取り除くお手伝いをしてあげる事など様々な事があります。

その社会から必要とされる商品やサービスが存在価値のある商品やサービスです。

そして存在価値のある商品やサービスに付けられる、『美味しい』や『便利な』、『かっこいい』、『かわいい』、『頼もしい』などの修飾語が付加価値です。

お客様は、その商品やサービスの価値に対して、『お客様が買いたい値段』を決めているのです。



同じ商品が5つの会社から発売されていたとします。

100円
110円
80円
120円
200円

『お客様が買いたい値段』が100円だったとしたら、何番の会社から買うでしょう。



これだけの条件であれば、まず80円でしょう。




それでは、

100円⇒特選素材にこだわったこだわりの逸品です。
110円⇒業界トップシェアの元祖です。
80円⇒徹底的なコスト削減でお買い求めやすくなりました。
120円⇒とっても美味しく焼き上がりました。
200円⇒初めはふんわりとして軽やかな口当たり、後から濃厚な玉子本来の美味しさが、お口いっぱいに広がります。

という、あなたのお子様に食べさせたいプリンだったらどうでしょう。

だいぶ『200円⇒初めはふんわりとして軽やかな口当たり、後から濃厚な玉子本来の美味しさが、お口いっぱいに広がります。』を選ぶ方が増えるでしょう。
だいぶ『80円⇒徹底的なコスト削減でお買い求めやすくなりました。』に不安を感じる方が増えるでしょう。


それが存在価値+付加価値で値段が付いた状態です。



大変お待たせ致しました!!

組織を強力にまとめあげるための

もっと芯となる何か
もっと軸となる何か
もっとブレない何か
もっと揺るがない何か

は、先ほどの商品説明です。

『初めはふんわりとして軽やかな口当たり、後から濃厚な玉子本来の美味しさが、お口いっぱいに広がるプリン』をお客様にご提供したいと心から願い続けている社員やメンバーで組織が成り立っている事です。

本当に心からそう思っていれば、目標はひとつですから、例え会議で意見が対立しても間違った方向へ進む可能性は劇的に減るでしょう。

社内業務を機能分離して、様々なセクションが連携して仕事をする場合、最終的な目標が一致していれば、他セクションの業務も理解しようとします。そこから『思いやり』が生まれ、臨機応変、柔軟な組織力も生まれます。



仮に組織内で一致している目標が『売上や利益』だけだとしたら、その組織がどんな組織なのか説明出来ますか?

ハイ!出来る!という、あなた。

『明るく元気な組織で〜す!』とか言っちゃってませんか?

会議中も明るく元気ですか?
売上が目標に届いていなくても、明るく元気に前進する事が出来ていますか?

伝えたい相手《お客様》に、伝わるように経営理念を考えましょう!!
そして、その伝えたいお客様に宣言しましょう!!
社員を雇う面接の場でも、必ず確認しましょう!!
そして、出来れば毎日目標からズレてしまっていないかを、確認しましょう!!
確認するのは売上目標の予実管理ではありません。
進むべき『道』の確認です。

なぜなら、売上目標の予実確認を人力で行っている時代では無いからです。
売上目標と実際の売上なんて、毎日自動的に誰でも見る事が出来なければ遅いのです。
毎日が難しくても、2〜3日で確認出来なければ遅いです。

さぁ!しっかりと社会貢献できる経営理念を考えましょう!!


↓今日もクリック、ありがとうございます!↓
人気blogランキングへGO!

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2007年06月15日

ぼやき

満員電車の中で、『人間力』という本を読んでいる人がいました。

その本の角が私の頭に何度も当たりました。

その人に足も踏まれました。


↓今日もクリック、ありがとうございます!↓
人気blogランキングへGO!


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
ryozy_akkiy at 09:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ぼやき 

2007年06月12日

組織論 〜其の弐〜5

こんばんは、カリマスコンサルタントのアキバです。

今日はハーズバーグ様からカリマス(借ります)!!の巻き其の弐です。

まずはおさらいです。

【ハーズバーグ様の理論】

作業環境や就労条件などの『 衛生要因 』

仕事の達成や業績の承認、職務に対する責任や権限委譲などの『 動機づけ要因 』

の2つの要素があるという理論。

『 衛生要因 』は、満たされていないと不満足につながるが、満たされていてもやる気にはつながりにくい。

『 動機づけ要因 』は、満たされていなくても不満にはならないが、満たされると満足度が高まりやすい。




昨日のゴミ拾い会社を例に取って考えてみましょう。

世の中に【ゴミ拾い】という仕事しか存在していないと仮定してください。
拾ったゴミは、重さに比例してお金に換えられます。

その【ゴミ拾いをする会社もしくはチーム】には下記のタイプがありました。

,茲蠡燭のゴミを拾うことを追求する会社もしくはチーム

△茲蠡腓なゴミを拾うことを追求する会社もしくはチーム

ゴミを拾う事でその地域に住む人や動物が快適に暮らせるように心から願っている会社もしくはチーム

い茲蟒鼎ぅ乾澆鮟ΔΔ海箸鯆謬瓩垢覯饉劼發靴はチーム



より重いゴミをより多く拾い集めれば、より多くお金に換えられますね。
ゴミ拾い=仕事をした結果、お金=成果となっていますので、下記のように表すことができます。

拾ったゴミの数
拾ったゴミの総重量
拾ったゴミの平均重量

換金したお金の合計金額

拾ったゴミの平均単価
拾ったゴミの最高金額
拾ったゴミの最低金額
etc.....

このような数字を会社のスコアボードとして統一化する事により、仕事の成果で人を計る尺度が出来ます。

より効率的に働いているのは誰で、より多くの成果を残しているのは誰か?
結果的により多くの成果を挙げている人を高く評価すれば良いので、人事評価制度も簡単なんです。
これが、ちょいと前に流行った【成果主義】の基です。

あっ、そうそう、今の例では簡単にお伝えするために売上でしか見ていませんが、一般の会社ではちゃんと利益で考えてくださいね。

仕事の達成や業績の承認、職務に対する責任や権限委譲などの『 動機づけ要因 』ですから、数字で見るとわかりやすいので置き換えてみましょう。

より多くのゴミを拾うことを目標としていれば、本来は拾ったゴミの数が多い人が高い評価を得る筈です。
より大きなゴミを拾うことを目標としていれば、本来は拾ったゴミの大きさが大きいほど高い評価を得る筈です。
より重いゴミを拾うことを目標としていれば、本来は拾ったゴミの総重量が重い人が高い評価を得る筈です。

でも、最終的にはお金に換えますので、換金して得たお金が多い人が高い評価を得るように変わりやすいのです。
その結果、´↓い硫饉劼脇韻犬茲Δ焚饉劼發靴はチームとなってしまうでしょう。

動機づけ要因を売上目標と置き換えて読んでみましょう。

『 売上目標 』は、満たされていなくても不満にはならないが、満たされると満足度が高まりやすい。

会社やチームにぶら下がるタイプの社員もしくはメンバーであれば、達成すれば自慢しますが、達成しなくても給料もらえればいいやって事になりますね。
パレート様(カリマス!!)の法則(2:8の法則)で言えば、8割の社員もしくはメンバーがこうなってしまう可能性が高いという事です。

それではヤル気満々で評価の高い社員もしくはメンバーはどう思うでしょうか?
ヤル気満々の社員もしくはメンバーは、売上目標に対する考え方も非常にシビアです。しっかりと自己管理も出来ているので、売上目標が満たされないのも不満に思います。
周りに売上目標が達成していない社員もしくはメンバーがたくさんいるのも不満です。
そうなると、社員やメンバーが高い給料なんてもらってたら、もっと不満です。
トップ(社長や役員)よりももっと効率的に売上を伸ばす方法に気がついたとき、同じような会社が他にあれば、自分にとって条件の良さそうな会社もしくはチームに転職してしまう事でしょう。
勿論、ヤル気満々の社員もしくはメンバーが自分の収入だけを目標として仕事をしていれば、その社員もしくはメンバーの給料を吊り上げて引き止める事が出来るかも知れません。
でも、その会社もしくはチームで一番高い給料をあげる事は現実的でしょうか?


さて、それではの会社もしくはチームの場合はどうでしょう?

【ゴミを拾う事でその地域に住む人や動物が快適に暮らせるように心から願っている会社もしくはチーム】

ハーズバーグ様は、作業環境や就労条件などを『 衛生要因 』と定義づけていらっしゃいますが、アキバ的には作業環境や就労条件を決定する根源となるものを、ある意味勝手にですが経営理念と位置づけております。
(強引かも知れませんが、そう位置づけさせてください)

の会社もしくはチームの目標・目的は、『その地域に住む人や動物が快適に暮らせるようにする事』を通してビジネスを展開していきましょうというものですね。

『その地域に住む人や動物が快適に暮らせるようにする事』に共感・共鳴していれば、それは永遠の目標・目的ではないでしょうか?

『 衛生要因=経営理念 』に共感・共鳴していれば、満たされていないと不満足につながるが、満たされていてもやる気にはつながりにくいのです。

ここでもう一度パレート様の法則(2:8の法則)です。
マズロー様のの欲求五段階説をお借りして(カリマス!!)、それを裏返して考えた場合、不満につながるのは8割で、やる気につながらないのは2割です。
ちょいと長くなり過ぎましたので、申し訳ございませんがマズロー様の欲求五段階説の説明は、今日は割愛させて頂きます。

8割のぶら下がる可能性の高い社員もしくはメンバーが満たされない事により不満につながる事を満たして、
2割のぶら下がらない可能性の高い社員もしくはメンバーが満たされてもやる気につながらないとしたらどうでしょう?
おっと、そもそもその会社もしくはチームの『 衛生要因=経営理念 』に共感・共鳴して集まったメンバーもしくは社員ですから、そこにはパレート様の法則すら存在しないかも知れませんね。



「衛生要因」=『経営理念』
「動機づけ要因」=『ビジネスモデル』


こう位置づけた場合、どう読み取れるでしょうか?

ビジネスモデスはお金を稼ぐ仕組みです。
そこにはお金を稼がせて頂く市場もあるので、マーケティングが重要なポイントとなっています。
マーケティングを簡単に「稼ぐ」に繋げるのであれば、ポジショニングです。
その市場の中で、できるだけ競合しない、対決する必要の無いポジションを見つける事です。
それは、裏返しにすれば、我こそが社会貢献できる場を自ら探し出して提供してあげるという事です。

経営理念は『何のために仕事をするか?』という社会(社外)表明です。
その表明に対して、市場にいらっしゃる方々は評価をします。
その評価とは、簡単に言うと『社会的に存在価値があるか?無いか?』に繋がります。
細分化すると、「あってもいいけど使わない」とか、「無いと困るけどめったに使わない」という評価も確かにあります。

どちらが重要という事ではなく、どちらも重要ですね。
ちょっと今日は長くなってしまったので、また続きを書きたいと思いますが、経営理念の大切さに気づいて頂けましたでしょうか?

最後にもうひとつ。
´↓い硫饉劼發靴はチームがその目標を「衛生要因」として再構築する事も可能です。

,茲蠡燭のゴミを拾う機械を作ったり、スキルやノウハウを創造して売る。
△茲蠡腓なゴミを拾う機械を作ったり、スキルやノウハウを創造して売る。
い茲蟒鼎ぅ乾澆鮟ΔΦヽを作ったり、スキルやノウハウを創造して売る。

こうする事により、専門的に特化したポジショニングが可能になります。

さぁ、柔軟に考えてみましょう!!



世界を変えたビジネス思想家




↓今日もクリック、ありがとうございます!↓
人気blogランキングへGO!

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
ryozy_akkiy at 21:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)組織論 | 経営理論

2007年06月11日

組織論 〜其の壱〜5

こんばんは、カリマスコンサルタントのアキバです。

今日はハーズバーグ様からカリマス(借ります)!!の巻き其の壱です。
経営を考える上で、『もう一つ』大切な事です。

それでは想像してみてください。

世の中に【ゴミ拾い】という仕事しか存在していないと仮定してください。
拾ったゴミは、重さに比例してお金に換えられます。

あっ、そうそう、『そんなことは非現実的だから意味ないじゃん』って思われた方も、とりあえずお付き合いください。

その【ゴミ拾いをする会社もしくはチーム】には下記のタイプがありました。


,茲蠡燭のゴミを拾うことを追求する会社もしくはチーム

△茲蠡腓なゴミを拾うことを追求する会社もしくはチーム

ゴミを拾う事でその地域に住む人や動物が快適に暮らせるように心から願っている会社もしくはチーム

い茲蟒鼎ぅ乾澆鮟ΔΔ海箸鯆謬瓩垢覯饉劼發靴はチーム


ここで「おやっ!」っと気づかれた方も、もう少しお付き合いください。

あなたはどの会社もしくはチームで働きたいですか?


,茲蠡燭のゴミを拾うことを追求する会社もしくはチームで働きたいと思った方。
あなたの方がその会社もしくはチームより多くのゴミを拾えるようになったとしたら。。。。。
その後も会社もしくはチームで一緒に働こうと思いますか?
一緒に働こうと思う場合、その要因は何ですか?

△茲蠡腓なゴミを拾うことを追求する会社もしくはチームで働きたいと思った方。
あなたの方がその会社もしくはチームより大きなゴミを拾えるようになったとしたら。。。。。
その後も会社もしくはチームで一緒に働こうと思いますか?
一緒に働こうと思う場合、その要因は何ですか?

い茲蟒鼎ぅ乾澆鮟ΔΔ海箸鯆謬瓩垢覯饉劼發靴はチームで働きたいと思った方。
あなたの方がその会社もしくはチームより、もっと重いゴミをたくさん拾えるようになったとしたら。。。。。
その後も会社もしくはチームで一緒に働こうと思いますか?
一緒に働こうと思う場合、その要因は何ですか?

ゴミを拾う事でその地域に住む人や動物が快適に暮らせるように心から願っている会社もしくはチームで働きたいと思った方。
あなたの方がその会社もしくはチームより多くのゴミを、より大きなゴミを、より重いゴミを拾えるようになったとしたら。。。。。
その後も会社もしくはチームで一緒に働こうと思いますか?

思うでしょ!!!


ハーズバーグ様はこんな理論を教えてくれた先生です。勿論、直接教えて頂いた訳ではありません。元祖MAS監査の岩永經世先生の『考える言葉シリーズ=社員満足H19.5.7』からお教え頂きました。(お借り致します)


【用語】 ハーズバーグの2要因仮説
【読み方】 ハーズバーグノニヨウインカセツ
【定義】 ハーズバーグによる、動機づけには、作業環境や就労条件などの「衛生要因」と仕事の達成や業績の承認、職務に対する責任や権限委譲などの「動機づけ要因」の2つの要素があるという理論。
衛生要因は、満たされていないと不満足につながるが、満たされていてもやる気にはつながりにくい。動機づけ要因は、満たされていなくても不満にはならないが、満たされると満足度が高まりやすい。
《出典:研修ネット様 http://www.e-kensyu.net/mlnews/backno/vol29.shtml》ありがとうございます。

「衛生要因」=『経営理念』
「動機づけ要因」=『ビジネスモデル』
こう位置づけた場合、どう読み取れるでしょうか?

詳細は、其の弐以降で明らかにしたいと思います。



↓今日もクリック、ありがとうございます!↓
人気blogランキングへGO!

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
ryozy_akkiy at 23:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)経営理論 | 組織論

2007年06月10日

オール電化で太陽光発電5

こんにちは、今日はお休みモードのアキバです。

昨日から友達のロングコートダックスちゃんをお預かりしているので、今朝はお散歩に行ってきました。
雷雲が近づいていたので、1時間くらいで帰って来ましたが、大正解です!!
今は雨も強く、先ほど落雷による停電でパソコンも落ちました。

さてさて、我が家は昨年12月に引越しをしました。
駅から3分のペットを飼えないマンションを売って、駅から30分のペットを飼うにはとても良い環境の戸建を購入しました。
もうすぐアキバ家にもハルクと琥珀というにゃんこがやってきます。
うちのにゃんこ達は、千葉県のライフボートさんが保護して下さったにゃんこです。





あっ、そうそう、ハルクと琥珀の写真は今後たくさん公開したいと思ってますので、乞うご期待。

さて、今日の本題に戻りましょう。
我が家はオール電化で太陽光発電のパネルが初めから付いていました。
新築の戸建を購入しましたが、モデルハウスとして1年くらい使われていたことと、和室が無いため(ハウスメーカーの方がそうおっしゃってました)、安く譲って頂きました。

給湯はエコキュートで、ガスと灯油を使わない生活になったので、アキバ的には排出CO2も減らして環境を守れるようになったと思っています。(確か先週のSPAにエコキュートは結果的に火力発電を増やすので排出CO2は逆に増えるといった記事もありましたが。。。。)

環境にやさしく、かつ家計にもやさしいのが太陽光発電です。
太陽光発電のお金の流れですが、使用した分の電気代は普通にお支払いして、発電して売却した電気代を月末に電力会社からお振込み頂きます。
我が家の出力2KWとあまり出力の大きくないパネルですが、とても働き者です。

4月分の支払った電気代⇒5,618円
4月分の戻ってきた電気代⇒3,618円

5月分の支払った電気代⇒5,587円
5月分の戻ってきた電気代⇒3,885円

ちなみに、6月の予定支払い電気料金は3,684円で、売電により戻ってくる電気料金は4,282円の予定です。逆転してます。

外出する時も火の気がないので安心ですよ。
電磁波は不安かもしれませんが、環境とお財布にはやさしいと思います。

今日は雷雨が凄いですねぇ。
落雷のエネルギーも蓄えられればいいなぁ〜、なんて呑気に書いてます。

太陽光発電は環境にやさしいのに何故もっと普及しないのか考えたことがありますか?
それは『利権』が邪魔をしているものとアキバは考えております。
世界的にも『油』『ガス』から収益を得ている会社や国はたくさんあります。
また、電力会社も太陽光発電がある一定の数以上に増えれば当然収益が悪化します。
地球環境も大事だけど、そればっかりは譲れないという一線があるのでしょう。

『もし全ての建物の屋根が太陽光発電パネルだったら』
『もし道路が太陽光発電パネルだったら』


ありえねぇ〜〜!!って思うかも知れませんが、それは既成概念や固定観念かも知れませんよ。
大人になるにつれて常識として固められた可能性の障壁を取り払い、自己革新するためには柔らか〜〜く空想してみるのもいいでしょ。


↓今日もクリック、ありがとうございます!↓
人気blogランキングへGO!

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
ryozy_akkiy at 12:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ロハス 

2007年06月09日

赤ちゃん理論5

こんにちは、カリマスコンサルタントのアキバです。

今日はコミュニケーション理論について、赤ちゃんからカリマス(借ります)!!

営業マンとお客様、上司と部下、いろいろコミュニケーションでお悩みの方が多くいらっしゃいます。
コミュニケーション理論についての本もたくさん発行されています。
でも、本を読んだからといってなかなか上手くいきませんよね。
コールド・リーディングなどのテクニックを利用して相手の情報を入手するなんて事は、アキバ的にはロハスじゃないと思うので、もっとみんなが幸せに、健康的にコミュニケーションを取れる方法がないかなぁ〜と考えておりました。

そこで、赤ちゃん理論です。

赤ちゃんは言葉が話せないのに、周りにいる人たちを明るくします。
赤ちゃんは笑顔ひとつでコミュニケーションを取ってしまいます。

アキバの愛読書『企業再構築の仕掛け バリュー・マネジネント(竹内日祥様著)・現代書林』の中に、【ある他人に対するあなたの対応の仕方は、その他人に基づくものであるより、むしろあなた自身に対して自分がどのように対応したかで決まります。自分に対する対応が、周りの人に対する対応の限界を決めてしまうのです。どこまで優しくできるか、どこまで深く相手と信頼関係を作れるか--。】という節があります。
あっ、そうそう、この本は会計事務所が今後基本業務として認識した方が良いかなぁと思われるMAS監査を勉強する上で基本となる本でもあります。

企業再構築の仕掛け バリュー・マネージメント―激動の乱世、変革への挑戦


あなたは常に明るく健康的な自分自身を信頼していますか?

日本人は他人と競争して、他人に競り勝って生きていくように子供の頃から教育されています。
他人を評価し、自分が他人からどう見られているかを気にする癖をつけられてしまっているような感じですね。

赤ちゃんの時はそんな事、気にもしてなかった筈なのにね。

他人を評価したり、自分がどう見られているかを気にしたりせず、自分自身が明るく健康的であるように心掛け、その自分を信じることにより、笑顔が内から湧き出てきます。
赤ちゃんは自らの笑顔で相手を笑顔にしてしまいます。

お客様の笑顔が欲しかったら、自分が笑顔になりましょう。
自分の笑顔に対して、お客様は幸せを返してくれるでしょう。

赤ちゃんは、泣いている他の赤ちゃんがいると一緒に泣き始めます。
不安が伝播するんですね。
社内の雰囲気も同じです。不安も怒りも相手に伝播します。
ムッとした顔をしていれば、それを見た人もムッとします。
あなたは意味なく喧嘩を売られることがありませんか?
顔もそうですが、話し方ひとつ取っても同じことです。
会議の時に何故か高圧的に話す人がいます。
その人に対しては喧嘩腰で対抗したくなってしまいますよね。

人は他人を通して自分を確認しています。
他人は自分を映し出してくれる鏡です。

家族、親戚一同、住んでいる地域の自治会、学校や会社、業界、市や県、国、地球全体。
大きさが違っても全て組織です。
もう、他人と戦って生きる時代ではありません。
高度情報化社会におけるグローバリゼーションは、環境においても同じこと。
これから生まれてくる笑顔コミュニケーションの先生である赤ちゃん達に、幸せに健康的に育ってもらうために、もう私達大人が敵対している暇はありません。
地球環境を守り、改善していくためにも、まずは笑顔からはじめませんか。
そして、ずっと笑顔でいられるように環境のことを少しでも考えてみませんか。

通勤電車の中で仏頂面をしている部長さん。
お客様を増やしたかったら、いろいろお勉強する前に笑顔です。
通勤電車の中であなたの前にいらっしゃる方は、将来素晴らしいお客様になるかも知れませんよ。
もしかすると、極上のお客様のご子息様かも知れませんよ。
そんな理由でも結構ですから、明日から笑顔の練習をしてみませんか?
きっと世界が変わりますよ。



↓今日もクリック、ありがとうございます!↓
人気blogランキングへGO!

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック