経営理念における社会貢献の方程式自己革新 〜謙虚の章〜

2007年06月19日

自己革新 〜序章〜5

こんばんは、カリマスコンサルタントのアキバです。

今日は宗教法人妙見閣寺代表、全日本経営人間学協会理事長の竹内日祥様からお借りします。


私がみなさまに強力に推奨する本

企業再構築の仕掛け バリュー・マネージメント



企業再構築の仕掛けバリュー・マネージメント―激動の乱世、変革への挑戦


企業再構築の仕掛け バリュー・マネージメント―激動の乱世、変革への挑戦


『第1章企業環境の歴史的大転換期を生き残るために』に重要な言葉があります。


『自己革新』


私のブログを読んで下さっている方々は、まず『20世紀生まれ』でしょう。

それではみなさん、21世紀に入って

『早くなったなぁ〜』
『そんな事まで?』
『聞くより調べた方が早いかなぁ〜?』


と言えば何でしょう?

そう、パソコンの発展、通信回線のブロードバンド化、携帯電話の発展、ブログの登場、SNSの登場などにより、

『情報』

の伝達スピードと量がとんでもなく増えました。

この高度情報化社会の到来は、正に20世紀から21世紀に時代がシフトした象徴とも言えるでしょう。

高度情報化社会の到来により、最近はちょっと困った事が起きていると聞きます。

お医者さんに対して患者さんが

『○○の症状とか、○○な症状が出ているので、◇□△■◆症候群かと思うのですが、違いますか?』

なんて、そのお医者さんがよく知らないような事まで調べて来たりするそうです。


『私は先生だから、私の方が知っている』
『私は社長だから、私の方が知っている』
『私は上司だから、私の方が知っている』
『私の会社の方が一流だから、私の方が上だ』



かつては、このような思考の枠組みが正しい可能性が高かったかも知れません。

しかし、その思考の枠組みを超える必要性が出てきているようですね。

『自己革新』については、正確に知って頂きたいので、今日はここまで。


↓今日もクリック、ありがとうございます!↓
人気blogランキングへGO!

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
ryozy_akkiy at 22:46│Comments(0)TrackBack(0)自己革新 | 経営理論

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
経営理念における社会貢献の方程式自己革新 〜謙虚の章〜