自己革新 〜謙虚の章・其の弐〜自己革新 〜革新する言葉◆

2007年06月24日

自己革新 〜革新する言葉 5

こんばんは、カリマスコンサルタントのアキバです。


今日は『自分の限界を組織の限界にしない』と言っていらっしゃるいろんな方からカリマス(借ります)!


前回までの『謙虚の章』を簡単に要約すると、


謙虚じゃない=素直じゃない

素直じゃない=正しい指摘を受け入れない
素直じゃない=良い提案も受け入れない
素直じゃない=相手を認めない
etc.....


と言う事になります。

えっ?一概にそう言い切っていいのかって?

そうです。その通りです。


前提条件が必要です。


【前提条件】
_燭蕕の理由で自分の方が相手より立場が上だと思っている。
∨椰佑離廛薀ぅ匹非常に高く、「本当は自分の方が正しい」と心の中で思っている。
その相手が生理的に嫌い。



っとまぁ、こんなところでしょうか?


最近は「△離織ぅ廚良下が増えてきてるなぁ」なんて感じています。


実は『謙虚じゃない事』『相手のパーソナリティーを評価したり否定する事』も革新とか成長を阻害する要因としては同じなのです。


そんな事言われたって、心理的に働く気持ちは簡単には見抜けないよ〜〜!!という方。


取り急ぎ、ご自身から自己革新してみませんか?


ご自身が自己革新していく中で、きっとヒントが見つかる筈です。

あっ、そうそう、見つからない時はいつでも戻って来てくださいね。



それでは、『革新する言葉』です。


今日は手短に答えだけお伝えします。

あなたは《 タイプ 》《 タイプ 》どちらが『しっくり』きますか?


《 タイプ 》
【その目標を達成するためには】

●●するしかない。
●●しなければならない。




《 タイプ 》
【その目標を達成するためには】

●●するのはどうかなぁ。
●●してみれば。



はい、《 タイプ 》をお選びの方!おめでとうございます。
非常に伸びしろがあります。
普段からいろんな『先生』と呼ばれる方々に、『それじゃ、今、どうすべきですか!!』なんて言われている方、いつの間にか常に《 タイプ 》で考えるようになってしまっていませんか?

それでは、子供の頃はどうでしたか?
それじゃぁ、もっと小さな頃はどうでしたか?
日本では残念ながら、固定観念や既成概念が邪魔をしやすい教育を受けて大人になっていく傾向があります。
ですから、どちらであっても悪い事はありません。


《 タイプ 》の方が伸びしろがあるというのは、普段の考え方が限定的だからです。


『●●するしかない。』という事は、●●以外は無いですよね。
●●しなければならない。という事も、●●以外は無いですよね。


その時、本当に●●以外の手段はないでしょうか?


よく、会議の中で『他の方法はないか、もう少し考えてみよう!』という事がありますよね。
それと同じです。
『ない』という言葉ひとつで『可能性を限定している』のです。

しかも、出来る人ほど《 タイプ 》の方は、『曖昧でどっちつかずで、結果が出ない』とお思いでしょう!!
それでも、この言い回しにおいて可能性は無限です。

実はコンサルタントをお願いする時も、せっかくお金を払うにも拘らず、同じような間違いを犯してしまう方々がたくさんいらっしゃいます。

はじめから自分と考えが(答えが)同じコンサルタントしか正しくないと思ってしまっていて、頼まなくても結果は同じなのに、自分と同じ考えのコンサルタントにお金を払ってしまう事があるのです。


逆に、コンサルタントや専門的な仕事をしている方々は、お客様の声に耳を傾けないという過ちを犯す事があります。

『経営理念における社会貢献の方程式』でもお伝えした通り、お客様はその商品やサービスに対して勝手に自分の考えた値段を決めます。

そのお客様に対して『自分の方が相手より立場が上だと思ってしまう』という事です。

そんな方はよく、お客様の事を『あの客は。。。』などと言います。
心の中では『お客様』なんて思っていません。
『自分の方が専門家だから、自分の方が知識もノウハウも上だし、立場も上』
『客は金を稼がせてもらう相手』

なんていう考えの人達も、世の中には大勢いるのです。

残念ながら。。。。。。。



言葉ひとつで



可能性の扉を開くのは、既成概念と固定観念をいかに取り去って、生まれた頃と同じような無限の可能性を手にするか?
自己革新する事を拒んでいるのは、心の中にある『成長する間に自分の中に育てられてしまった《正しいと教えられてきた常識》』かも知れません。


↓今日もクリック、ありがとうございます!↓
人気blogランキングへGO!

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
ryozy_akkiy at 22:33│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
自己革新 〜謙虚の章・其の弐〜自己革新 〜革新する言葉◆