目次〜其の弐〜極意〜其の弐〜

2008年06月06日

『目的』と『目標』とリーダーシップ3

こんばんは、経営理念コンサルタントのアキバです。


今日はちょっと気になる方が2名ほどいらっしゃいましたので、経営計画書の作り方をダイジェスト版で再放送させていただきます。

*****************************************************************


《お客様本位の経営計画書の作り方》

【経営理念】

組織やチームが社会的に存在し続ける事がどれだけお客様にとって有益な事かを宣言するもの。



【ミッション(使命)】

組織やチームが事業を営むに当たって自己(組織やチーム)に課す責務。


【信条】

〜反イ筌繊璽爐鮃柔する全てのメンバーが、経営理念とミッションの下に信じて守るべき事の根幹。

服務規程や行動規範の基。



【事業目的(=目的)】

〃弍塚念に基づいて各セクションが社会的に存在し続ける事がどれだけお客様にとって有益な事かを宣言するもの。

経営理念に基づいて各セクションが組織やチームの中に存在し続ける事がどれだけ有益な事かを、他のメンバーにも宣言するもの。

〔組織やチーム全体(=会社)の事業目的は、経営理念をより噛み砕いてわかりやすくしたものが理想的であるため、予め経営理念をわかりやすくする事で省略可能。〕



【利益(≠売上)】

経営理念とミッションを遂行し続けるために必要な正当な対価。



【事業目標(=目標)】

〜反イ筌繊璽狒澗痢福甓饉辧砲、ある特定の期限までに達成すべき数。
∩反イ筌繊璽狒澗痢福甓饉辧砲、ある特定の期限までに達成すべき利益金額。

上記の数と金額を各セクション毎に取り決めたもの。

ぞ綉の数と金額を各メンバー毎に取り決めたもの。


*****************************************************************


これは昨年の9月にお伝えしたものですので、ちょっと小難しい表現もあります。


もっと噛み砕いて表現すると

【経営理念】

そのチームや組織だからこそ提供する事が出来る商品やサービスの『本来の価値』を提供し続ける事により、お客様がどんなメリットを受け続けられるかを宣言するもの。
逆に言うと、お客様にどんなメリットを受け続けて欲しいから、そのチームや組織だからこそ提供する事が出来る商品やサービスの『本来の価値』を提供し続けるのか?を宣言するもの。

最も簡単に言うと、何のためにそのチームや組織で、その仕事をするのかという『目的』。


【事業目的(=目的)】
『経営理念』は全社、全体の総括した一番大きなチャンクの『目的』。

それを各事業毎にチャンクを細かくしたものが、『事業目的』。

単一事業のみの会社の場合には、『経営理念』と同じ意味。


【事業目標(=目標)】
社員やメンバーが誰でも同じように認識出来る、客観的な『数字』。

『目的地』に向かって、
,い弔泙任

△匹譴世

進むのかを決めて、それに向かって準備し、

いつまでに

い匹譴世

進む事が出来たのかを確認するもの。



『目的』は場所

『目標』は数字

です。



『目的』と『目標』が同じように「場所」を表していると、「どれだけ仕事をすると、どうなるのか?」がわかりません。
『目的』と『目標』が同じように「数字」を表していると、「なんのために仕事をしているのか?」がわかりません。

そして、「なんのために仕事をしているのか?」がわからないと、その仕事でなくても儲かれば良いことになり、そのチームや組織でなくても儲かれば良いことになります。




どこに向かって=『目的』

いつまでに、どれだけ=『目標』



『目標』に対して努力するのは、社員やメンバーひとり一人です。

年度の初めに「ヨーイ、ドン!」で一斉にスタートし、社員やメンバーはひとり一人がそれぞれ努力して進みます。

社員やメンバーひとり一人はバラバラに走っていますから、時には横に回り込み、時には後ろから励まし、そして先頭に立って『目的地』に導くのが21世紀型のリーダーシップです。


すべては「数字=売上、利益」で常に先頭に立って引っ張るだけのリーダーシップは、リーダーに相当なカリスマ性や人徳が必要とされます。


勿論、「すべてはお金」のカリスマリーダーシップを選ぶのか、21世紀型リーダーシップを選ぶのかは、その人次第です。

カリスマ性や人徳が他の社員やメンバーから認められているか否かは、別ですが‥‥‥‥‥



にほんブログ村 経営ブログ 経営学へ


過去90日間に書かれた、経営理念を含む日本語のブログ記事
テクノラティ グラフ: キーワード「経営理念」に関するグラフ
このグラフをブログに貼ろう!

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
ryozy_akkiy at 23:56│Comments(0)TrackBack(0)基本 | 経営理論

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
目次〜其の弐〜極意〜其の弐〜