志〜ポエム風〜目次〜其の参〜

2008年09月05日

共感と共鳴5

こんばんは、アキバです。


日頃から社員やメンバー全員が『経営理念』に『共感・共鳴』する事で、組織が一体化するなんて言っておりましたが、先日、違う感覚に気づきました。

すごく当たり前かも知れませんが、『共感』している状態と『共鳴』している状態では、雲泥の差があったのですね。


『共感』している状態は、他人のある考え方や思想に対して、《自分》が同じ考え方や思想だと、《一方的に》感じている状態です。


『共鳴』している状態は、そこにいる全ての人がお互いに考え方や思想が同じだと、《双方向で》感じている状態です。


私は、相手が自分と同じような考え方や思想を持っているから、《会ってしまえば『共鳴』するだろう》という思い込みをしていました。

それが、見事に外れていました。

お互いに考え方や思想を《発信》していても、お互いに《受信》しているとは限らないんですよねぇ。


特にビジネスの場においては、確実にお互いが《受信》しているか否かによって、結果が顕著に異なってきます。


根底にある価値観のちょっとしたズレは、距離が遠ければ遠いほど大きな乖離となって現れます。

本当の組織力を発揮する事が出来るのは『共鳴』している状態、つまりお互いの音色によってお互いが響き合っている状態です。


自分の能力が『共感』によって引き上げられても、組織全体が『共鳴』した状態の能力を発揮する事が出来る訳ではありません。


場合によっては、きちんと《受信》して頂けていない事によって、大切な時間をお互いに無駄にしてしまう事もあるんですね。


改めて、コミュニケーションとマーケティングの感性の大切さと『氣』と『気』の違いについて考えさせて頂きました。


コミュニケーションにもマーケティングにも、『思いやり』と『まごころ』の感性が大切ですね。

それだけで、自分も相手も、大切な時間を無駄にする事がなくなります。

つまり、大切な時間を大切に使う事が出来るのです。


『お金基準の価値観』の強い方々には特に有効な手段でしょう。


《時は金なり》《Time is money》《効率性重視》ですからね。




にほんブログ村 経営ブログ 経営学へ

過去90日間に書かれた、経営理念を含む日本語のブログ記事
テクノラティ グラフ: キーワード「経営理念」に関するグラフ
このグラフをブログに貼ろう!

ランキングエントリー中!


だから『経営理念』の浸透って難しいんですね。
今回のは社内ではないのですが。。。。。。。。。。。。。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
志〜ポエム風〜目次〜其の参〜