マズイダローの欲求段階説問題です。解けますか?

2009年04月25日

※緊急※新しいパンデミックの危機1

こんにちは、リスクマネジメント協会 Certified Risk Manager の秋葉です。

昨日のニュースです。

************************************************************************

[ワシントン 23日 ロイター] 4月24日13時3分配信 ロイター

【米国で新型の豚インフルエンザ、これまでに7人感染】

米疾病対策センター(CDC)は23日、カリフォルニア州とテキサス州でこれまでに7人が新型の豚インフルエンザに感染したと発表した。

CDCによると、7人全員がすでに回復しているが、今回確認されたウイルスは人、豚、鳥のそれぞれで典型的に見られるタイプが混じったような未知のものだった。患者のうち、豚と直接接触した人はいなかった。

電話でブリーフィングを行ったCDCのSchuchat博士は「症例はまだ出てきそうだ」とした上で、「今のところ全国的に大きな懸念があるとは考えてはいない」と述べた。

************************************************************************

本日のニュースです。

************************************************************************

[ジュネーブ、サンパウロ24日時事] 時事通信ドットコム(2009/04/25-01:39)

世界保健機関(WHO)のスポークスマンは24日の記者会見で、過去数週間にメキシコ国内で豚インフルエンザの人への感染が疑われる症例が800件前後に上り、メキシコ市周辺を中心に60人前後が死亡した疑いがあることを明らかにした。

メキシコのコルドバ保健相は地元メディアに対し、豚インフルエンザが原因で16人が死亡したと確認するとともに、45人が死亡した恐れがあると言明。943件の症例を調査中だと語った。感染拡大が懸念されるメキシコ市では、市民に対するワクチン接種を急ぐ方針だ。

AFP通信によると、同保健相はメキシコ市と中部のすべての学校を休校にすると発表。人込みや地下鉄の利用を避け、あいさつで握手したりキスしたりしないよう国民に呼び掛けた。

豚インフルエンザは、米国でもカリフォルニア、テキサス両州で計7人の感染が確認された。7人は既に回復したが、米疾病対策センター(CDC)は今回のケースについて人から人に感染するウイルスだと断定した。

WHOは、重大な保健上の問題が発生した際に設置される戦略保健対策本部を開設した。ただ、渡航制限などの勧告を検討しているかどうかには言及を避けた。

************************************************************************


恐ろしいのは、米疾病対策センターのSchuchat博士は「今のところ全国的に大きな懸念があるとは考えてはいない」とおっしゃった翌日には、メキシコ国内で豚インフルエンザの人への感染が疑われる症例が800件前後に上り、メキシコ市周辺を中心に60人前後が死亡した疑いがある事が明らかになっているという事実です。

メキシコでの感染例が「人から人へも感染する」と宣言された場合、日本国政府も対策本部を設置する事を明らかにしています。


国立感染症研究所、北海道大、埼玉医科大、化学メーカーの日油による厚生労働省の研究班が開発に成功した、インフルエンザに対する万能ワクチンの実用化が待ち遠しい今日この頃です。


ゴールデンウィークに海外出張や海外旅行のご予定がある方は、くれぐれもご注意ください。




にほんブログ村 経営ブログ 経営哲学・経営理念へ


人気ブログランキングへ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
マズイダローの欲求段階説問題です。解けますか?