格好をつけて横文字並べていませんか?あなたの会社の営業マンは大丈夫?

2015年10月30日

根性論

たとえ打ちのめされても、再び這い上がる。

その「再び這い上がる」気持ちが『 根性 』です。

ですが、何度も何度もチャレンジしても勝てない事、多いですよね。


「打ちのめされた」→失敗、負け、ミス、間違い…etc.


その「打ちのめされた」経験を活かす為には、「反省」が必要です。

「反省」とは、それまでのやり方を「振り返り」、良かったのか、悪かったのか、考える事。

その「反省」から、「潜在的な問題点」が浮かび上がり、「顕在化した問題点」となります。


ですから、「反省」とは「現状分析」に置き換える事も出来ます。


「顕在化した問題点」は、勿論放置なんてしませんよね。

その「顕在化した問題点」を解消する行為、これが「改善」です。


「改善」のスピードを速める為には、「素直」かつ「謙虚」である事が大切です。

よく「答えは自分の中にある」と言いますが、この状態の時には、ほとんど答えは自分の中に無いと思った方が良いでしょう。

我流に頼ってばかりではなく、やはり基礎はしっかり教えて頂く。

『守・破・離』ですね。


教えて頂いた事をしっかり覚えたり、実践する為に、「素直」さと「謙虚」さが必要になって参ります。

「謙虚」に学び、「素直」に実行する事が、成功への早道であり、王道なのでございます。

さて、長々と書いてしまいましたが、要するに《 根性論 》だけでは、この長々と書いた部分がすっかり抜け落ち
るという事でございます。

負けても、打ちのめされたも、這い上がる気持ちは大切ですが、無駄に飛び込み訪問件数を増やした報告をするだけで結果に結びつかない営業マン、いらっしゃいますよね。

行動するだけでは変わらない事、結構たくさんあるんですよね。

しっかり「頭」を使い、考えながら動き、動きながら考える『 考動力 』を磨き上げて参りましょう。


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
格好をつけて横文字並べていませんか?あなたの会社の営業マンは大丈夫?