キャリア

2015年04月04日

採用面接で失敗しないための3つの質問

こんにちは、経営理念コンサルタント、認定支援機関、リスクマネジメント協会 Certified Risk Manager、企業健康アドバイザー のアキバです。


面接で質問する内容にお困りではございませんか?

特に中途採用の面接では、出来る人ほど自分をよく魅せようとして素敵な言葉を並べて参ります。

それは当然の事ですよね、目的は「合格」「採用」ですから。



そこで、本日は、採用面接で失敗しないための3つの質問項目をご紹介させて頂きます。



。格間でどれだけの仕事が出来ますか?

△△覆燭仕事をする上で、最も大事にしている志を教えてください。

J声劼侶弍塚念は「〇〇〇〇・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」ですが、あなたの志とギャップがあるようです。
  そのギャップについてどうお考えですか?



たったこの3つだけで、企業として確認すべきポイントをストレートに聴き出す事が出来ます。

それでは、この3つの質問事項について、すこし掘り下げて参りましょう。




。格間でどれだけの仕事が出来ますか?

この質問により、その人が本当に得意としている仕事内容を確認する事が出来ます。

おそらく応募者の方々は、「当社があなたを採用するメリットはなんですか?」ですとか、「仕事上、あなたの一番の長所は何ですか?」といった質問に対する回答を準備してきている筈です。

それは取り繕って作り上げられたものかも知れません。

ところが、突然、具体的に、たった3分間で何が出来るか?どれだけの仕事が出来るか?といった質問をいきなり投げかけられますと、普段の仕事内容を思い出して答える以外出来なくなるでしょう。

例えば、営業職のスペシャリストを採用したい時に、「原稿〇〇枚くらいは打ち込めます」ですとか、「〇〇件分の成績集計が出来ます」等といった作業系の回答をされる方もいらっしゃるでしょう。

あるいは、「〇〇軒のテレアポが出来ます」ですとか、「〇〇軒の飛び込みが出来ます」といった内容の営業経験を回答する方もいらっしゃるでしょう。

「状況にもよりますが、3分間でしたらWebや過去のデータ等から地域特性を調べ、後に現地に入って営業戦略を練るための準備をする事が出来ます」という方もいらっしゃるでしょう。


予め準備をする事が出来ず、抽象的な回答をする事が出来ない質問項目ですから、実態を答えざるを得ないのです。

望んでいらっしゃるタイプによって、その回答の中から一次選考をする事が出来ますね。




△△覆燭仕事をする上で、最も大事にしている志を教えてください。

『 仕事をする上で最も大事にしている志 』、これは個人としての仕事に対する理念を指しています。

どのような想い、志、信条で仕事に取り組むか?

誠実にですとか、真面目にといった一般的かつ抽象的な回答が想定されますが、中にはしっかりとした志を持った人がいらっしゃるでしょう。

こちらも、予め自社の経営理念を伝える前に質問する事により、先入観なく、事前準備を出来るだけさせない状態で、素の自分の志を語って頂きます。

但しこの項目、実はしっかりと勉強をしていれば、場合によっては予習してくる事も可能です。
企業のWebサイト等に経営理念がしっかりと謳われていれば、経営理念に合わせて予め質問項目を検討し、回答を作っておく事も出来るでしょう。

しかしながら、経営理念をしっかりと打ち出している会社は、特に中小零細企業におかれましては少ないですね。

それに、経営の勉強をしていらっしゃらない限り、ほとんどのケースでは経営理念が大切なものという事自体、意識していらっしゃらないでしょう。

ですので、まず先に相手の方の本心としての「志」「想い」「信条」を聴き出します。




J声劼侶弍塚念は「〇〇〇〇・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」ですが、あなたの志とギャップがあるようです。
  そのギャップについてどうお考えですか?

いきなり自社の経営理念とぴったりの方が現れれば良いのですが、おそらくそれは難しいでしょう。

そこで△亮遡笋覇世寝鹽から、応募者の方の「志」「想い」「信条」を確認し、自社の経営理念と比較します。

仕事に取り組む姿勢として、自社の経営理念とのギャップを具体的に示すため、ここで改めて自社の経営理念と、そこに込めた想いを、応募者に説明します。

自社の経営理念を説明した上で、応募者の「志」とのギャップを応募者に伝え、そのギャップについての考え方を聴き出しましょう。

この質問により、反発して自己主張してくるタイプなのか、逆に自分の「志」を簡単に曲げて合わせる(合わせたフリをする)タイプなのか、自分の「志」を守りつつも自社の経営理念に合わせて自分が変わる意識を持っているタイプなのかがわかります。

中途採用で最も重視されるのは「即戦力」であるか否かですが、仮に直ぐに数字を上げられたとしても、組織に馴染まない人は、結局のところ短期離職へ繋がったり、組織がかき乱される原因となってしまったりするものです。

経営理念が明確でない場合でも、どんな「志」「想い」で仕事に取り組んで欲しいのかを明確にして、必ず採用前に確認、採用後にも最低一年に一回は確認するように心掛けましょう。






。格間でどれだけの仕事が出来ますか?

△△覆燭仕事をする上で、最も大事にしている志を教えてください。

J声劼侶弍塚念は「〇〇〇〇・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」ですが、あなたの志とギャップがあるようです。
  そのギャップについてどうお考えですか?




たった3つの質問で採用面接が劇的に改善されます。

ぜひお試しくださいませ。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
ryozy_akkiy at 07:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年06月27日

自己革新 〜ロハスな方程式の章〜5

こんばんは、カリマスコンサルタントのアキバです。

すみません、カリマスなのですが、今日も借りません。


昨日の〜革新する言葉◆舛隆を最期までお読み頂いた方々、
いつもありがとうございます。

但し、『なんで環境問題と自己革新が関係あるんだ?』っと疑問に思った方や、
『なんで環境問題と自己革新が関係あるんだ!(`へ´)』っと何故かご立腹の方もいらっしゃったかも知れません。


今日はそこからご説明しましょう。


環境問題を解決すると、結果としてみんながハッピーになりますよね。
俗に言う『Win‐Win』の関係です。
人と人も、動物や生物と人も、自然、地球とも『Win‐Win』の関係になります。
ですから、環境問題を改善しようとする行為は、地球全体に対しても、地域社会に対しても、十分に貢献していると言えますね。


社会に貢献しているという事は、

環境問題を改善しようとする行為=存在価値のある行為

であると言えます。


経営理念における社会貢献の方程式の巻でお伝え致しました通り、
お客様はその価値に対して『勝手に』値段を決めます。



ですから、環境問題を改善するために

私ならこんな方法で改善する事ができますよ

私ならこんなに早く改善する事ができますよ

私ならこんなに広い範囲を改善する事ができますよ


と言った付加価値が付く事によって、お客様が買っても良いと思う値段も当然上がります。


さて、問題です。
簡単ですが。。。
お客様は何を基準として値段を決めていますか?





はいっ、正解!

存在価値+本当の付加価値=その必要性を感じた人の値決めの基準

です。


経営理念における社会貢献の方程式の巻をお読み頂いた方々は簡単でしたね。


値決めの基準となっているのは、『 価値 』です。
相手が提供してきた価値自分が感じた価値を比較評価しているのです。


環境問題を取り上げたのは、最低限『 存在価値 』がなければ値段も付かないという事をわかって頂きたかったからです。


『 貢献 』を辞書で調べると、役に立つとか、役に立つように尽力することと書いてあります。


相手に対して役に立つから、存在価値があるのです。


ということは、需要供給曲の法則では『 価格 』とされている部分が、実は『 価値 』とした方が正しいのかも知れないのです。




需要者側の『 価値 』と供給者側の『 価値 』が交わるところが、取引が成立するポイントなのです。



ということは、その取引とは『 価値と価値の交換 』ですね。

価値と価値を交換するために使う道具が、『 お金 』ですね。



お金は価値と価値を交換するための道具です!!

お金は価値と価値を交換するための道具です!!


昔の貝です。
昔の石です。

必要なのは『 価値 』です。


これを供給者側の会社が『 お金 』と読んでしまうのも仕方ないのかも知れません。

お客様が評価した価値に対して頂けるものは『 価格 』です。
その『 価格 』に対して、その会社が売りたい『 価格 』が交わったところが、取引が成立するポイントだからです。

そのため、売れなければ『 売れる仕組み 』『 YESと言わせるテクニック 』に頼りたくなります。

でも、そんな事を売る側が一生懸命勉強している様は、本屋に行けば誰でもわかりますし、ネットでもわかります。


『 価値 』ではなく、テクニックで売ろうとしても、そんなものはすぐに見抜かれてしまう時代になったのです。



但し、売るためのテクニックなんて無いという事ではありませんから、そこだけは間違えないで下さい。



はい! ここまでお読み頂きました皆様には十分に伝わっているものと思いますが、

大切なのは、能動的に提供する『 価値 』です。



自分ではなく、相手に対して提供する事が出来る商品やサービスなどの『 価値 』
自分ではなく、相手に対して提供する事が出来る優しさや思いやりなどの『 価値 』



『 それが大切なんだ! 』+『 ない 』を使わない言葉使い


それだけでも、それだけの事に気づいて頂けただけでも、『 自己革新 』は始まっている筈です。


難しく考える必要はありません。
難しく考えさせているのは、大概、あなたの成長を阻害する外部からの意見や権力です。


山篭りの修行でも、サーフィンやフラダンス、蕎麦打ちでもなんでも結構ですから、


『 本来の自分に戻る 』時間をつくりましょう!!


そして、自分の内側から沸き起こってくる、『 こうしてあげたい!! 』という気持ちを大切にしましょう。



恋する人に対して『 こうしてあげたい!! 』
家族に対して『 こうしてあげたい!! 』
ご近所さんに対して『 こうしてあげたい!! 』
会社や学校の仲間に対して『 こうしてあげたい!! 』
お客様に対して『 こうしてあげたい!! 』
自分の住んでいる都道府県に対して『 こうしてあげたい!! 』
日本に対して『 こうしてあげたい!! 』
アジアに対して『 こうしてあげたい!! 』
世界に対して『 こうしてあげたい!! 』
地球に対して『 こうしてあげたい!! 』
宇宙に対して『 こうしてあげたい!! 』




求めても、価値が無ければ頂けません。
その、『求めても。。。。。』については、次回、悪魔の章で。


↓今日もクリック、ありがとうございます!↓
人気blogランキングへGO!

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
ryozy_akkiy at 22:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0)