スキル

2015年04月04日

採用面接で失敗しないための3つの質問

こんにちは、経営理念コンサルタント、認定支援機関、リスクマネジメント協会 Certified Risk Manager、企業健康アドバイザー のアキバです。


面接で質問する内容にお困りではございませんか?

特に中途採用の面接では、出来る人ほど自分をよく魅せようとして素敵な言葉を並べて参ります。

それは当然の事ですよね、目的は「合格」「採用」ですから。



そこで、本日は、採用面接で失敗しないための3つの質問項目をご紹介させて頂きます。



。格間でどれだけの仕事が出来ますか?

△△覆燭仕事をする上で、最も大事にしている志を教えてください。

J声劼侶弍塚念は「〇〇〇〇・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」ですが、あなたの志とギャップがあるようです。
  そのギャップについてどうお考えですか?



たったこの3つだけで、企業として確認すべきポイントをストレートに聴き出す事が出来ます。

それでは、この3つの質問事項について、すこし掘り下げて参りましょう。




。格間でどれだけの仕事が出来ますか?

この質問により、その人が本当に得意としている仕事内容を確認する事が出来ます。

おそらく応募者の方々は、「当社があなたを採用するメリットはなんですか?」ですとか、「仕事上、あなたの一番の長所は何ですか?」といった質問に対する回答を準備してきている筈です。

それは取り繕って作り上げられたものかも知れません。

ところが、突然、具体的に、たった3分間で何が出来るか?どれだけの仕事が出来るか?といった質問をいきなり投げかけられますと、普段の仕事内容を思い出して答える以外出来なくなるでしょう。

例えば、営業職のスペシャリストを採用したい時に、「原稿〇〇枚くらいは打ち込めます」ですとか、「〇〇件分の成績集計が出来ます」等といった作業系の回答をされる方もいらっしゃるでしょう。

あるいは、「〇〇軒のテレアポが出来ます」ですとか、「〇〇軒の飛び込みが出来ます」といった内容の営業経験を回答する方もいらっしゃるでしょう。

「状況にもよりますが、3分間でしたらWebや過去のデータ等から地域特性を調べ、後に現地に入って営業戦略を練るための準備をする事が出来ます」という方もいらっしゃるでしょう。


予め準備をする事が出来ず、抽象的な回答をする事が出来ない質問項目ですから、実態を答えざるを得ないのです。

望んでいらっしゃるタイプによって、その回答の中から一次選考をする事が出来ますね。




△△覆燭仕事をする上で、最も大事にしている志を教えてください。

『 仕事をする上で最も大事にしている志 』、これは個人としての仕事に対する理念を指しています。

どのような想い、志、信条で仕事に取り組むか?

誠実にですとか、真面目にといった一般的かつ抽象的な回答が想定されますが、中にはしっかりとした志を持った人がいらっしゃるでしょう。

こちらも、予め自社の経営理念を伝える前に質問する事により、先入観なく、事前準備を出来るだけさせない状態で、素の自分の志を語って頂きます。

但しこの項目、実はしっかりと勉強をしていれば、場合によっては予習してくる事も可能です。
企業のWebサイト等に経営理念がしっかりと謳われていれば、経営理念に合わせて予め質問項目を検討し、回答を作っておく事も出来るでしょう。

しかしながら、経営理念をしっかりと打ち出している会社は、特に中小零細企業におかれましては少ないですね。

それに、経営の勉強をしていらっしゃらない限り、ほとんどのケースでは経営理念が大切なものという事自体、意識していらっしゃらないでしょう。

ですので、まず先に相手の方の本心としての「志」「想い」「信条」を聴き出します。




J声劼侶弍塚念は「〇〇〇〇・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」ですが、あなたの志とギャップがあるようです。
  そのギャップについてどうお考えですか?

いきなり自社の経営理念とぴったりの方が現れれば良いのですが、おそらくそれは難しいでしょう。

そこで△亮遡笋覇世寝鹽から、応募者の方の「志」「想い」「信条」を確認し、自社の経営理念と比較します。

仕事に取り組む姿勢として、自社の経営理念とのギャップを具体的に示すため、ここで改めて自社の経営理念と、そこに込めた想いを、応募者に説明します。

自社の経営理念を説明した上で、応募者の「志」とのギャップを応募者に伝え、そのギャップについての考え方を聴き出しましょう。

この質問により、反発して自己主張してくるタイプなのか、逆に自分の「志」を簡単に曲げて合わせる(合わせたフリをする)タイプなのか、自分の「志」を守りつつも自社の経営理念に合わせて自分が変わる意識を持っているタイプなのかがわかります。

中途採用で最も重視されるのは「即戦力」であるか否かですが、仮に直ぐに数字を上げられたとしても、組織に馴染まない人は、結局のところ短期離職へ繋がったり、組織がかき乱される原因となってしまったりするものです。

経営理念が明確でない場合でも、どんな「志」「想い」で仕事に取り組んで欲しいのかを明確にして、必ず採用前に確認、採用後にも最低一年に一回は確認するように心掛けましょう。






。格間でどれだけの仕事が出来ますか?

△△覆燭仕事をする上で、最も大事にしている志を教えてください。

J声劼侶弍塚念は「〇〇〇〇・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」ですが、あなたの志とギャップがあるようです。
  そのギャップについてどうお考えですか?




たった3つの質問で採用面接が劇的に改善されます。

ぜひお試しくださいませ。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
ryozy_akkiy at 07:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年02月01日

氣づきの商売

コンサルタントとは

氣づきの商売である

潜在的な問題点に氣づくカウンセリング能力

顕在化した問題点を課題に代えるためのスキルやノウハウ

お客様が課題を遂行する際のボトルネックに氣づく観察力

ボトルネックを解消するためのアイデア

お客様のモチベーションを保ちながらチャレンジ精神を掻き立てるコーチング能力

様々な力が必要だが

やはり氣づく能力に長けている事が

大事だなぁ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
ryozy_akkiy at 13:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年09月14日

仕事上、欠くことの出来ないスキルを身につけていらっしゃいますか?

こんばんは、経営理念コンサルタントでリスクマネジメント協会 Certified Risk Manager のアキバです。


大変ご無沙汰しておりまして、申し訳ございません。

本日も、ブログスカウト様からお誘いをいただきました、NTT番号情報株式会社様が運営していらっしゃる、士業や専門家の情報をいろいろと検索する事が出来る

iタウンページ『 専門家iタウン 』

の中にございます

専門家ブログ

の企画記事と致しまして、仕事上、欠くことの出来ないスキルについて考えてみたいと思います。



私の仕事はコンサルティングです。

コンサルティングを毛嫌いする方々も世の中にはいらっしゃいますが、それは恐らく、

“ 話術としてのスキルやノウハウを駆使して、商品やサービスを売り込まれる ”

といったイメージをお持ちだからではないでしょうか。

もしくは、そういった経験が実際にあるという方々も、案外多いものと思われます。



私はコンサルティングをする上で、《 RPDCIサイクル 》を徹底する事を大切にしております。

【 RPDCIサイクル 】

Research・現状分析、調査(含むマーケティング)

Plan・計画

Do・実行

Check・検証

Improvement・改善


ご参考《 RPDCIサイクル 》




《 RPDCIサイクル 》の中でも、私は《 R =Research 》の部分をとても大切にしております。

会社の現状、業界の現状、個人の現状、置かれている環境・・・・・

様々に異なるお客様に対して、より最適なコンサルティングを行い続けるためには、

現状分析が不可欠だと考えております。


コンサルティングの内容は様々だと致しましても、常にお客様は “ 人間 ” です。

“ 人間 ” ですから、千差万別・・・・

説明の上手な方もいらっしゃれば、口下手で伝えたい事を上手く伝えられない方もいらっしゃいます。


ですから、しっかりとした《 R =Research 》を行うためには、カウンセリングのスキルが必要となります。


一方的にこちらの用意した“ 戦略 ” を少しアレンジして売り込むのではなく、1社、1社、ひとり一人に合った

コンサルティングを行い続けるためには、相手の方がわかりやすい言葉に変換しながらお話を伺ったり、

ニュアンスでお伝え頂いたものを別の形で表現して確認をしたり、イメージを明確な言葉に変換したりしながら、

お客様から少しでも多くの夢や思いも含めた情報をお教え頂くためのスキルが必要です。



私の場合には、とても運がよく、ビジネス心理学を東京・ビジネス・ラボラトリーの“ ひでぴょん ”こと、朝妻秀子社長様にお教え頂いた事をきっかけに、まだまだ未熟ではございますが、カウンセリングのスキルを身につけさせて頂く事が出来ました。

朝妻先生ほか、東京・ビジネス・ラボラトリーの方々には本当に感謝しております。



カウンセリング能力以外にも、実際には様々なスキルもノウハウも必要ではありますが、

私が “ 経営理念コンサルタント ” として最も大切にしていること・・・・

それは、想定するお客様に対して

《 “ 本氣 ” で 『 心・氣持ち・情熱 』を込め続ける 》

事です。



これはどんな仕事にも共通して言える事です。


どんなにスキルやノウハウを身につけても、そのポテンシャルを最大限に発揮するためには、

《 “ 本氣 ” で 『 心・氣持ち・情熱 』を込め続ける 》事が必要不可欠です。


どんなにスキルやノウハウを身につけても、そのモチベーションを永続的に保ち続けるためには、

《 “ 本氣 ” で 『 心・氣持ち・情熱 』を込め続ける 》事が必要不可欠です。




想定するお客様に対して “ 本氣 ” で 『 心・氣持ち・情熱 』を込め続けていれば、

『気遣い・心遣い・思いやり・まごころ』といったものも自然と湧き上がりますし、

一方的に売り込むような事は自然となくなるでしょう。






私はこれからも、想定するお客様に対して “ 本氣 ” で 『 心・氣持ち・情熱 』を込め続け、

カウンセリング型のコンサルタント、末永くお付き合い頂けるパートナーとしてのコンサルタントで

あり続けるために、日々精進して参ります。


ありがとうございます。





にほんブログ村 経営ブログ 経営哲学・経営理念へ


ビジネスブログ100選





このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
ryozy_akkiy at 22:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年03月06日

CORE(コア)とCELL(セル)

CORE(コア)は“ 核 ”

CELL(セル)は“ 細胞 ”




CORE(コア)は“ 理念 ”

CELL(セル)は“スキル”“ノウハウ”




CORE(コア)は“ 目的 ”

CELL(セル)は“ 戦術 ”




切り刻んでも再生を繰り返すCELLを持つプラナリアでさえ

COREが無ければ再生は無理だろう



強力なCORE“理念”が浸透した組織であれば

新規事業や新会社を分離したとしてもプラナリアが再生するように

CELLを使いこなす事が出来るだろう



COREに異変が生じれば

CELLにも異変が生ずる




CORE と CELL



穢れ(けがれ)なく強い魂は

穢れなく強い“理念”を司り



道具として“理念”を使おうとすれば

必ず矛盾が訪れる



だから

CELLはお金で買う事が出来るかも知れないが

COREはお金で買う事が出来ない




儲かっている会社の“理念”を真似てみればいいなんて

そんな指導者を目にする事もある



道具としての“理念”をお金を出して買う人もいる



そこに本物はあるのか?




本物のCOREが無ければ

プラナリアも再生出来ないだろう




そこに本物はあるのか?




にほんブログ村 経営ブログ 経営哲学・経営理念へ


ビジネスブログ100選

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
ryozy_akkiy at 17:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年06月10日

フレームワーク〜アドバイザーに必要な四次元的傾聴力・其の伍〜5

街中で、誰かとすれ違いざまに「うぅ゛、何だか松茸みたいな臭いがするぅ〜。」って思った事はありませんか?



こんばんは、経営理念コンサルタントでリスクマネジメント協会 Certified Risk
Manager の秋葉です。



今夜は、《四次元的傾聴》に必要なフレームワーク(枠組)について考えてみましょう。



《四次元的傾聴力》を活かすためには、次の要素が必要です。

・『経営理念』という意思決定の基準

・チャンクの大小、難易度、重要度、優先順位を整理するフレーム(枠)

・浮かび上がった問題点を解決するための時間的な優先順位を整理するフレーム(枠)



これらの要素により、

1.傾聴した言葉を『経営理念』に照らし合わせて、チャンクの大小、難易度、重要度、優先順位に氣をつけながら整理する。

2.整理した言葉から関連性を見つけ出し、潜在的問題点に「アドバイザー」自らが氣づく。

3.氣づいた問題点を時間的な優先順位のフレームに落とし込む。

4.時間的な優先順位で整理された問題点を踏まえて、傾聴した言葉の中からポイントになるものをピックアップして、聴いたままの言葉で返す。

5.経営者が問題点に氣づかなければ、ピックアップした言葉の関連性を説明する。

6.問題点に氣づいていただけたら、解決策について検討する。

等々が出来るようになります。


フレームのイメージは、ホームセンター等で売られているカラーボックスが良いでしょう。


経営者(相談者)からの言葉をチャンクの大小、難易度、重要度、優先順位によって整理するフレームは、カラーボックスを壁に立てかけたイメージです。

チャンクの大きいものは上の棚に、チャンクの小さいものは下の棚に、重要なものは右の棚に、重要でないものは左の棚に、というように整理していきます。

特にチャンクの大きいものは上の棚に、チャンクの小さいものは下の棚に整理する事を心掛ければ、潜在的問題点に氣づきやすくなるでしょう。



次に、浮かび上がった問題点を解決するための時間的な優先順位を整理するフレームですが、こちらは床に寝かしたカラーボックスをイメージしてください。

早く解決する事が出来る問題を左手前の棚に、早く解決する必要がある問題を右手前の棚に、時間をかければ解決する事が出来る問題を左奥の棚に、時間はかかるけれども解決する必要がある問題を右奥の棚に落としていく感じです。

問題を落とし終わったら、少し離れてフレーム全体を見渡します。

問題がたくさん詰まっているところがアドバイスのポイントです。


特に「解決する必要がある」問題が多いところにスポットを当てましょう。



あとは、中長期的に取り組む課題なのか、短期的に取り組む課題なのかによって、それぞれ改善計画を策定し、RPDCIサイクルを回していけば良いでしょう。




フレームワーク〜アドバイザーに必要な四次元的傾聴力・其の伍〜


今宵はこれまで。

ごきげんよう。






このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
ryozy_akkiy at 23:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年12月08日

マインドセットの教科書5

こんばんは、経営理念コンサルタントのアキバです。

今年8月にお送りいたしました《なぜSEやシステムコンサルタントは、素晴らしい経営コンサルタントの素質を持っているのか?の巻き》でも少し触れましたが、仕事を早く確実に行なうためには次の9つの能力が必要だそうです。


論理的思考力

理解力

構造化力

目的達成行動力

説明力

説得力

断る力

意見通し力

文書力


株式会社ネクストエデュケーションシンク・パートナーIT教育コンサルタントの芦屋広太様の著書『ITエンジニアのための仕事を速くする 9の基礎力と7のエクササイズ/日経BP社』参照
ITエンジニアのための仕事を速くする9の基礎力と7のエクササイズ(ITproBOOKS) (ITpro BOOKs)



この本では、どんな業種にも通じるスキルセット(技能)を磨き上げるための7つのエクササイズが紹介されています。

スキルセットは技能ですから、一生懸命「これでもかぁ〜、これでもか。これでもかぁ〜、これでもか。」っと努力して磨き上げる事によって、ある時お客様と共に自らも感動する事が出来る『感動分岐点』に到達します。



スキルセットは努力して磨き上げる事が出来るのですが、マインドセット(概念、思想的なもの)を磨くのはなかなか難しいものですよねぇ。

マインドセットを磨くために、経営者の方々はしばしば仏門に入られる事もあります。

しかし、全社員、全メンバー、クライアント、取引先....etc.

より多くの人が同じようにマインドセットを磨く事って、なかなか難しいものですよねぇ。



そこで今夜は、どなたにも自信を持っておすすめ出来る《マインドセットの教科書》をご紹介いたします。




「夢」が「現実」に変わる言葉
「夢」が「現実」に変わる言葉
クチコミを見る



私の大切なメンターの一人、Mr.メンターの福島正伸先生が、ある経営者を励ますために10年間にわたって送り続けている“言葉”を厳選して、1冊の本にまとめて出版してくださいました。

難しい概念や思想ではなく、ただ一言の言霊が魂に響き、マインドセットの基礎を磨き上げてくれます。


ぜひ、ご一読くださいませ。

「夢」が「現実」に変わる言葉「夢」が「現実」に変わる言葉
著者:福島 正伸
販売元:三笠書房
発売日:2008-11-18
おすすめ度:4.5
クチコミを見る




にほんブログ村 経営ブログ 経営哲学・経営理念へ

過去90日間に書かれた、経営理念を含む日本語のブログ記事
テクノラティ グラフ: キーワード「経営理念」に関するグラフ
このグラフをブログに貼ろう!続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
ryozy_akkiy at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)